体幹の使い方で一番大事な核心に迫る
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >体幹の使い方で一番大事な核心に迫る
 
 

  体幹の使い方で一番大事な核心に迫るについて


こんにちは飛鳥塾の中山です。

体幹の使い方で一番大事な核心に迫るについて、合気道の力の使い方や身体の使い方は独特の使い方のように思われますが、 合気道の使い方が特別なのではなくて、空手とか柔道とか他の武道がスポーツ競技になったために筋力や体力を競い合って 勝敗を決めるルールになった訳です。

私が学んだ琉球武術も薩摩藩統治下では薩摩藩士の剣に立ち向かう場面もあったようで素手でも負けない技が研究され 伝えられたということで、その刀や武器と闘う考え方や技を知りました。

そういう理由もあって、本来の空手は今の大会空手とは真逆で人体の急所だけを狙う訓練を習得間際のある時期からさせられました。 拳で顔面などあまり狙わず、四本抜き手やバラ手、母指拳、中高一本拳などで顔面の急所である目や喉を攻撃します。

これには、もし剣を持った相手を二撃三撃でしか倒せなかったら、こちらの命はまずありませんから一撃で倒すことが 絶対条件でもあった訳なんですね。まさに一撃必殺の言葉の由来です。

さて、透明な力と言われる合気武術とは、合気武術の達人佐川先生が出された本のタイトルでも有名ですが、 この力を知ると本当に「透明な力という表現」がピタッと心に納まるから不思議です。

これを習得することは限りなく極意に近づくということです。
相手の力に正面衝突するのではなくて、「すれ違う」のです。
柳生新陰流の極意に「まろばし」という秘伝の技があるそうです。

それは、相手の切り結ぶ太刀にぶつかりながらニアミスし「すれ違う」 まさにこれこそ「ぶつからない透明な力」ということです。

ぶつかるな!というと、逃げるのか。と思う人がいるようですが、何でもかんでも まともにぶつかっていたら、大きい者の勝ち、怪力者の勝ちになってしまうので 「武道武術の存在価値」はどこにもありません。

身体で及ばなかったら「頭を使えばいい」、頭で及ばなかったら、「心を使えば いい」、目に見える領域が細かくなるほどに、「精妙且つ透明な力」になっていくのです。

例えば、目に見える領域の大きい肉体は、すぐに動ける範囲は制限され、その動き も目で追うことができますが、目に見えない心は、例え身体の自由を奪われていても 瞬時に天空はるか大空にも、地球の裏側にも移動することができます。

まあ、これが「ぶつからない動き」のヒントになりますでしょうか。

今風に言えば、まあ「ベクトルを変える」とでも翻訳できますでしょうか。

もし、あなたが夜道を通行中に暴漢にあって生命の危機を感じる事態になったとき自分の身を守れますか? 護身術も身に付けていないあなたは、もうこれに頼る以外にはありません。
電撃とブザー 防犯ブザー 300V電気ショック 暴漢 痴漢

護身術マインド動画 「体幹の使い方で一番大事な核心に迫る」




体幹の使い方で一番大事な核心に迫る

 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の使い方があなたの身体能力を変える」に進む


Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾