やってはいけない体幹の鍛え方の注意点
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >やってはいけない体幹の鍛え方の注意点
 
 

 やってはいけない体幹の鍛え方の注意点につて


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

やってはいけない体幹の鍛え方の注意点について、一言で言うと普通の人は「あのようには掛かりません!」 合気道の道場で行われている稽古風景や演武などに見るように、「手首をちょっと捻られただけで吹っ飛んで行く」 私も初めてそれらを見たときに「そんな馬鹿な!」と思いました。

しかし、実際に投げられてみると自分で飛んでいかないと「手首が外れたり折れたりする」から、 身を守るため自らわざと飛んで受身を取っているんだということを理解しました。

ただ、見ているだけなら決して気付かなかった真実なのですね。
よく、見ただけですべてを理解したように語る人が言いますが「百聞は一見に如かず」と、しかし、 その続きには「百見は一触に如かず」ということがあるのを知っているのでしょうか。

我々が「達人力」と呼んでいる、云わば「達人が使う技や身体操作」のことなの ですが、現代の武道界を眺めてみても、このような「達人の身体の使い方」の できる武道家はそんなに多くは存在しません。

なぜ、これほど武道を熱心に稽古し研究している方が多いのに「達人力」は 生まれないのか?なぜ、この「達人力を修得した人」がこれほどまでに少ないのか?

それには武道界ならではの諸般の事情があるようです。
昔は、自分の流派の秘伝的技を他流に漏れるということは自流の危機だった わけです。なので秘伝とするものの扱いは、それは秘密裏に行われた訳です。

例えば、秘伝を習得したのちに個人的に脱会した場合は、追っ手によって命を 狙われたり暗殺されたりした記述も残っているようです。

それ程、自分の流派の秘伝的術理には神経を尖らせ死守していた訳です。
例えば、100人の同門や弟子たちの中でも10人から5人、5人から1人という ように最も優れた一人の弟子に秘伝を託したのですね。

しかし、中には秘密主義に徹し過ぎて継承者が途絶え、途中で失伝したという 当時では天下一の名高い流派もありました。

流派は伝承しなくては生き延びれない、しかし、漏洩してしまっても生き延びる ことができない正に板挟みの事情があったのです。

実際の戦いだけではなく、こんなジレンマの中でも先人は悩んでいたんですね。

その上に、意識や内なるもののように見えないものを対象とした修行や修得は、 大変困難なものがあり、習得できる者が極めて少なかったのもまた事実です。

このような理由もあって、これを継承できる才能のある者も希少だったために 今現代も限りある人たちしか得ていない理由かも知れません。

まとめますと「達人力の基本概要」は、身体の内部から操作するテクニックを習得し、その身体の使い方を 重力や抗力などの「自然の原理や自然の法則」と一致して使う能力のことを言うというのですね。

あなたの足元を照らし、あなたの身を守るために。
LED6灯 高輝度白色懐中電灯

護身術マインド動画「やってはいけない体幹の鍛え方の注意点」




やってはいけない体幹の鍛え方の注意点



 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「現代日本人の体幹の鍛え方最前線」に進む


Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾