筋トレよりも最善の体幹の鍛え方
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >筋トレよりも最善の体幹の鍛え方
 
 

  筋トレよりも最善の体幹の鍛え方について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

筋トレよりも最善の体幹の鍛え方について、先ず、体幹トレーニングとの違いについて説明しておきますと、 体幹トレーニングは、主に体幹内部の深部筋(インナーマッスル)を強化して全体の力を引き出そうと するものですが、「体幹の使い方」とは、体幹内部の深部筋の強化も含みますが、「主に体幹を胸郭部と 骨盤部に分けて使う操作法を養成」するものです。

体幹の使い方を身に付けると、どういうメリットがあるのか?・・先ず筋トレで身体の各部を鍛えて強く する必要がなくなりますし、腕や肩など部分的な筋力ではなく体幹をはじめとした全身の力を一気に引き出す ことが可能になります。

例を上げれば、武術の達人がいとも簡単に相手を投げたり、吹っ飛ばしたりするシーンを見たことがある人も 多いと思いますが、これらはヤラセではなくて、それに基いた原理原則の身体の使い方があったのです。

さて、体幹操作とはあまり耳にしない言葉ですが、一般的には内蔵を収める器として
重要な部位という認識はあります。しかしこの体幹を操作して身体を精密に動かすという ことは誰も考えてもいないことだと思います。

体幹を幾つかに分けてコントロールするという意味と強化することを含めて
「体幹操作」と呼ぶことにしました。
「体幹トレーニング」という言葉も既にありますが、体幹を鍛錬してトレーニング するという意味に加えて、体幹という一つの塊とも見える箱の中には人間の動作に 関しても重要な筋肉など動きの基になる部位なのです。

ただ、一般にはまだその使い方が理解されていないために、体幹を上手く使えない人が ほとんどなのですね。
昔から武道や武術では、目的自体が命のやり取りという過酷な状況の中で、身体操作 いわゆる身体の使い方を徹底して研究してきました。

その身体操作の基礎となる部分が「体幹に存在する」という訳なんですが、末端に位置する 手の動作も足の動作もすべては「体幹より起動する」という考えが「体幹操作」なのです。

例を上げますと、本来我々人間の進化以前の動物の走り方などを観察してみれば 一目瞭然なのですが、例えばサバンナのチーターなどの走り方を見るとよく分かりますね。

彼らは4本の脚の力を駆使してあんなに速く草原を走り回っているでしょうか?
身体(体幹)の動きに注目してみて下さい。体幹が波打っていますよね。
そうですね、あれが体幹から起動して手足に原動力を伝えている使い方がよく解る例です。

我々人間は進化の過程で、利便性が進むに連れ体幹から起動して手足を使う必要も ほぼなくなってきて手足の筋肉や末端の動きなどで事足りるようになったのです。

しかし、文明の発達した現代でも武道やスポーツなどで頂点を目指したり、何かの分野で 一流を目指す人にとっては「体幹操作」は必要不可欠とも言えるのです。

「体幹操作養成法」という概念は普通の人にはないものだと思っています。 しかし、本来人間も動物である限り「身体の使い方は体幹を使った使い方」が自然な形だと考えています。

履いて歩くだけで下半身と体幹が鍛えられるって・・?
履いてシェイプアップ!『千葉絵美』考案のグミパッドチバエミ式で下半身の筋トレとバランス運動を!

護身術マインド動画  筋トレよりも最善の体幹の鍛え方




筋トレよりも最善の体幹の鍛え方

 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「現代社会の誰も体幹の作り方を知らない」に進む


Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾