体幹コントロールスキル












 

体幹操作と体軸トレーニング
 
身体操作能力を高める体幹の使い方

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹操作と体軸トレーニング
 
 

  体幹操作と体軸トレーニングについて



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[体幹操作と体軸トレーニング] について、まず体幹の動きをマスター するのですが、体幹を大別すると上下の動きをどのように使うかということに なります。

そこで [3つの体幹の基本の動き] を覚えなければなりません。 これは大切な基本動作なので「体幹操作の基礎」のページや 他のページでも何度もお伝えしていますから、是非そちらのページも読んで頂ければ光栄です。

体幹の動き方をマスターしたら、次にさらに精密且つ精妙に動かせるように、 体幹の動きの基礎に「体軸」の意識が加わってきますと言うよりも、 [体軸の意識で体幹の動きを誘導していく訓練] をするということですね。

さて、体幹とは、胴体とほぼ同じ意味で使われていますが、英語では 体幹のことをトランク(trunk)と呼んでいます。日本でも [臓器や気管などが収納されて いる大切な場所] という意味合いが強いと思いますが、英語でも同じように(trunk)と呼ぶところに 共通のイメージがあるようです。

 

あなたの体幹は [臓器や器官を収納する場所] だけですか?

 

[臓器や器官を収納して保護する重要な場所] であるのには変わりありませんが、 実は、それと同じように [人間の運動や身体の使い方] にも 重要な秘密が隠されているのが [体幹] なのです。

一方、体軸と呼ばれれる実際には存在しない軸があるのですが、これは英語では(axis)と 言います。体の軸ですから(Body axis)になるわけですね。

この [体幹と体軸は車の両輪] のように切っても切れない関係にあります。 体幹を強化して「体幹を精密に操作」する上で体軸(Body axis) の意識はその動きに [精密度を増すために必要不可欠な役割] をしています。

ただ単に、体幹の動きだけで体幹を操作しようとすると、その動きは精密さを 欠き、粗雑な動きしかできない身体動作になってしまいます。

この [体幹の操作に体軸 Body axis] を加えて体幹を体軸で導くと、その動きは まるで [芸術作品のような精細な動きに変化] し華麗で隙のない身体動作に昇華させて しまうのが、 [体幹(trunk)と体軸(axis)] が一体となって動いたとき なのです。

武術などの柔らかくて力強い動きは、この「体幹と体軸の融合」 とも言えるのです。

近くから出る力は「強く固い瀬戸物」のように、お互いにぶつかれば両方とも 粉々になるけれども、「体幹と体軸」を使った柔らかい力は、例え固い力 でも包み込んで吸収すますし、瀬戸物でも傷付けずに守ることが出来るのです。

恐るべし本当の力は「体幹と体軸の柔らかい力」にあったのです。

これは体幹の強化のみならず体幹のバランスや安定性も養うことが できます。 一本歯高下駄 厚歯の高下駄 (一本歯下駄/一枚歯下駄)26.0cm 27.0cm ナチュラル木目

護身術マインド動画  体幹操作と体軸トレーニング

 
 
体幹操作の飛鳥塾師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 身体操作能力を高める体幹の使い方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト