やってはいけない逆効果の体幹の作り方
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 プロフィール お問合わせ
動画で道しるべ 体幹基本習得法
  TOP動画で道しるべ >やってはいけない逆効果の体幹の作り方
 
 

  やってはいけない逆効果の体幹の作り方について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

やってはいけない逆効果の体幹の作り方について、セミナーでも教室でも伝えてきた中心軸なんですが、言うなればこれをきちんと理解し 使えるようになるだけで、あらゆる分野のスポーツや武道でも一流の選手やプレーヤーになることは間違いないでしょう。

それほど、この中心軸の意識やイメージが身体を導く精密さは群を抜いていくでしょうし、現にプロの世界でも 一流と云われる選手でなければ身に付いていないという現実があります。

逆に言うと、この中心軸を極めればどの分野でも何をやっても平均以上の選手やプレーヤーになれるということが 言えますし、中心軸という見えない意識の世界で作り上げる難しさも確かにありますが、武道では「意識を極めることが極意」なのです。

さて、体軸といえば、一般的に知られている「中心軸や正中線」などは、 身体を上下に貫く一本の軸のことを言いますが、武術の身体操作には この「中心軸を合わせて3つの軸」があると考えられています。

それらの体軸をそれぞれ紹介しますと、まず最初に出てくるのが「中心軸」 ですが、この軸の呼び方も様々ありまして「正中線、縦軸、上下軸」など ありますが、主に使われている名称がやはり「中心軸という呼び方」です。

次に「横軸」と言いまして、身体を上半身と下半身に前後の動きに分けて 使う場合の軸です。「横軸」は、骨盤にある股関節を左右に横に貫く軸のことを 言いますが、前に向かって突き蹴りを出す時などに用います。

三つ目の「前後軸」ですが、この軸は先ほどの「横軸と同じ高さの位置」を 前後に貫いた軸のことを言います。ちょうどハワイアンの踊りで骨盤を左右に 交互に引き上げるような動作に用いる軸になります。

武術で言う三つの軸をそれぞれ紹介しましたが、もちろんこれらの3つの軸は 身体操作として非常に大事な基礎になる部分ですが、決してこれらの三軸を 一つ一つ別々に使用する訳ではありません。

身体の動きの基本として別々に稽古をして、身体に落とし込む訓練はしますが、 実際の場合は、それら各々が自然に融合した形で動きに現れるということです。

また、これらの軸を一々意識して使うようなレベルでは役に立たないということ でもありますので、身体に刷り込み潜在意識に落とし込んで初めて使えるレベルに 昇華するのだということも覚えておいて下さい。

まとめですが・・
これは「意識の鍛錬」という意味でも「身体の三つの軸」を身体に刷り込むまで意識のトレーニングを 行う訳ですが、この「身体の三つの軸」の意識がしっかり身に付いた後は、実践的な使い方になりますが、 これはもう「身体の三つの軸を意識する」のではなく「一本の縦軸」さえ整えれば他の軸も自動的に活きてきます。

座禅やヨガなどの瞑想時の必需品ですね。
メディテーションやプラナヤマの源は安定した座位を支えるザフ

護身術マインド動画  やってはいけない逆効果の体幹の作り方

 
 
やってはいけない逆効果の体幹の作り方

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されています。 そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典動画 「基礎講座/非売品」をプレゼント!
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾