達人たちの体幹の作り方を体得せよ!
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >達人たちの体幹の作り方を体得せよ!
 
 

   達人たちの体幹の作り方を体得せよ!について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

 達人たちの体幹の作り方を体得せよ!について、「先を取る」というと、相手の心の動きを把握できるまで自分の心を静かにして相手の心が起こった瞬間を捉えること。 などと、教える先生がいますが、恐らくその先生は「先を取るということはできていない」と推測します。

冒頭からすみませんね、私も長い間このような言葉で教えられ続けて来てずっと混乱して来ました。しかし自分自身が「先を取る原理を会得」しまったら、 嘘ではないが、このような誰にも困難な難しい言葉でしか伝えられないという人はご自身が体現されていないと思います。

「じゃあ、お前が述べてみな!」と聞こえてきそうですが、しかし核心をここで書く訳にはいきません。
書いたとしても文章だけで理解しマスターする人は稀だと思いますし、天才だと思いますが、 文章はずっと残っていきますので、授業料を払って習いに来ている門下生にも申し訳が立ちませんからね。
でも「先を取る」ためのヒントを少しだけ書いてみますね。

さて、「先を取る」ためには、明鏡止水のごとく心を静かに鏡のように相手を映すなどと
言われていますが、果たして命のやり取りの中でそのような無の境地になった静かな 心の状態を保持することができるのでしょうか。

私は、この「無の境地を求めて」様々な修行を行なってきましたが「無の境地」とは 行かないまでも、これが心身統一状態かと悟るまでは感じたことがあります。

しかし、先人が言うように「無の境地」に入って相手が自分の心に映るように静かな 心の状態、云わば「明鏡止水の状態」にならなければ「先を取る」ことはできないのでしょうか?

私は「身体操作」により相手の心理に働きかけて相手を一瞬居着かせる「心法」に よっても「先を取る」ことができることを発見しました。

世で言われるように、相手の心の動きを映し出すかのような「無の境地」になるまでには 相当の修行や年月を要しますし、もしかすると死ぬまでその境地には至らないかも知れません。

しかし、相手の心理に働きかけて「先を取る」ことは簡単とは言いませんが、
「無の境地」に至ることに比べれば、それ程難しいことではありません。

私たちは、体幹操作の基礎から体軸の養成と言うように基本的な修行を行ってきた過程で 自然と意識の力やイメージ力などが鍛えられています。

その修行の中でも、相手の動きを心理的に導いたり止めたりするような能力も身に付いて 来ているのですね。これは特別な人だけができるということではなくて、
このような訓練を行なっていく上で誰でもが自然に身に付いて行くものです。

「先を取るという力」は、特別なものとしてではなく修行の過程で自然に身に付くものです。 なぜなら、私たちの修行は体以上に心や意識などの内面の力を要する修行が圧倒的に多いからです。

結論を書きますと「先を取る」とは、相手の心の動きを読んで動いたとしても、
それはもう既に後手の動きになってしまいます。

これでは「後手を取る」ことになりますので、こちら側から相手の心を止めるという働きかけが必要だということが、 重要なポイントになる訳ですが・・
少しはヒントになりましたでしょうか?

まとめますと・・
「先を取るための修行」とは、相手の意識や心を先に読んで、その上で動くと思われていますが、 これはもう既に「後手の動き」になってしまう訳ですね。

「先を取る動き」とは、こちらから先に意識なり身体なりで仕掛けて、相手の意識や身体を導いてコントロールすると いうのが本当のところです。これなら読んで字のごとく「先を取るための修行」になるってことですね。

トレーニングで身体に負荷を掛けたら、その後のストレッチやケアも大事ですね。
トリガーポイント マッサージボール ヨガ トレーニング フィットネス ストレッチ

護身術マインド動画   達人たちの体幹の作り方を体得せよ!



 達人たちの体幹の作り方を体得せよ!


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「知っておきたい体幹の作り方活用法」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾