知っておきたい体幹の作り方活用法
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >知っておきたい体幹の作り方活用法
 
 

  知っておきたい体幹の作り方活用法について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。
知っておきたい体幹の作り方活用法について、合気道で入身投げなど「入り身」という言葉を多く使いますが、私が修行した空手でも 同じような意味で「先を取る」「相手に入る」という表現をしていました。

私なりに両者を解説すれば、「相手と繋がる」という意味で捉えています。
筋トレで筋肉を鍛え、たとえ日本一の剛力になっても相手と分離している時点で相手の刃に一刀の元に倒れます。

しかし「繋がる」ということを身に付ければ、「地球と繋がる」「相手と繋がる」ことができますので、分離するより 簡単に相手をこちらの自由に動かすことができるようになります。

さて、「相手に入る」と言っても、一体全体どう入るのかも見当も付きません。
このような疑問がほとんどの人にあると思いますが、「相手に入るという言葉」
抽象的であって雲を掴むような言葉ですよね。

では「相手と繋がる」という言い方は如何でしょうか?
んん・・これも解らん!・・

言葉で言い表すのは非常に難しいのですが、先ずは人間心理のお話しからしてみましょう。 人間の心理というのは、自分の顔の前に何か物体が動けば一瞬脳が停止しますし、 次の行動が予測できない訳です。

実は人間の脳は、次はこうだろう、次はこう来るだろうという具合に予測して 動いている訳ですね。我々の行動のほとんどが脳の予測として次の動作をしているのです。

予測によって私たちが次の行動を決めているのなら、その予測を狂わせてやればいい、と 言うことになりますよね。大昔から武術は命が掛かっている分、このような人の心理や 脳の行動心理学とも言える高度な術を研究開発していたのです。

「相手に入る」ということも、相手の攻撃やその気持ちで向かって来る瞬間に少し
だけ「相手に入る動作を見せる」と、相手は一瞬に固まってしまうという心理を付く訳ですね。

なぜって、相手は自分の攻撃に後ろへ下がるか防御に来るかと予測しているのですから、 予測に反してこちらに入って来られたら、相手の脳の回路は一時的に停止するという訳です。

これは医学用語では「錐体外路神経系」と呼ぶようで、パーキンソン病の患者が 止まらなければならない所でも、筋肉の硬直によって止まれなくなってしまうのと 似ている現象だという事で、「武術では居着く」という言い方をしていますよね。 ここまで書いていいのかなあ・・と思うほどのヒントを書いていますよ。

まとめてみますと・・
「相手に入る意識」「先を取る」ということと重なる部分がありますが、 相手がこう来たから「相手に入る」のではなくて、先に「相手に入って相手を導く」という訳です。

日本もこれからの治安はこんなものが必要になるかも知れませんね。
ポリカーボネートベスト PCV-02 防刃シャツ 防刃チョッキ 防刃ベスト

護身術マインド動画  知っておきたい体幹の作り方活用法



知っておきたい体幹の作り方活用法

 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の作り方をマスターする最強伝説」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾