体幹の作り方をマスターする最強伝説
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >体幹の作り方をマスターする最強伝説
 
 

  体幹の作り方をマスターする最強伝説について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。
体幹の作り方をマスターする最強伝説について、例えば、筋肉を鍛えて強化し、その力で思いっきり速くボールを投げ込んでも 球は速いけど軽い!などという表現を聞いたことはありませんか?

野球のボールだけではなくても、ボクシングなどでも「パンチは速いが軽い!」などと使いますし、空手でも「蹴りは速いけど軽い!」 などと表現されることが非常に多いと思いませんか。この「軽い重い」とは一体何なのでしょうか。

では、どうしたらボールやパンチが重たくなるのでしょうか? それには「特別な身体の使い方」があったのです。

先ほども話しましたが、野球などでも、ピッチャーの投げる球が「重いとか軽いとかと表現」をします。
野球のボール自体は重いも軽いもなく、同じ重さのボールのはずなのにどうして
投げたボールが「重たい」とか「軽い」などと感じるのでしょうか?

実は、これは武道や相撲などの張り手や突き、蹴りにもこのような表現をしますが、 この「重い、軽い」のボールや突き蹴りの一体何が違うというのでしょうか。

結論から言いますと、これはボールを投げる人、突き蹴りを放つ人の身体の使い方の 違いということができます。

シンプルに言うと、ボールを握った手に近い部位を力の発生源にして投げたボールは キャッチャーのミットに納まったときの感触は「弾けるような軽さ」を感じますが、
下半身とか体幹とか遠くから発生させて手のボールに伝えた珠は「ズシッと重たく
感じる」
のは事実ですね。

これは、武道の突き蹴りに関しても同じようなことが言えますが、武道や武術の場合は 単に発生源が遠い近いの問題だけではなくて、「なぜそうなるのか?」にも
理論的ですね。

力を発生させるためには、「物体と目標物の距離と物体のスピード」が基本になっていますが、 実は、手から放たれたボールとキャッチャーミットに納まる距離とスピードだけなら 単なる速いか遅いかの表現になってしまいます。

手先からボールが離れるまでの間にどのような身体の使い方、もしくはどのような伝達の仕方が あったか?

これが、「ボールが重い軽い」という感覚を与え表現をさせる原因なのです。
また、「突き蹴りが重いという一撃必殺の武器」になり得るか、なり得ないかの
差だとも言える訳なんです。

自分の拳が相手に届くスピードを以て、突きの速さを語ってばかりいますが、
その速さよりも何よりも、一撃で倒す突きの威力には重さを作り出すメカニズム
もっとフォーカスする必要がありますね。

まとめです・・
「打撃の重みやボールが重い」と言われるのは、一言で言うならば、人間個体の力、筋力で投げたボールや 筋力での打撃はスピードはあっても軽い地球の重力と一致して投げたボールや打撃は重たいということになりますね。

相手が刃物を持っているとき、あなたはどうしますか?こんな護身用のものもありますよ!
防刃グローブ 防刃手袋 /316Lワイヤー手袋 片手

護身術マインド動画  体幹の作り方をマスターする最強伝説



体幹の作り方をマスターする最強伝説


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の作り方をマスターしたアスリート」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾