[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 指導者が押さえておきたい体幹の作り方
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >指導者が押さえておきたい体幹の作り方
 
 

  指導者が押さえておきたい体幹の作り方について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

[指導者が押さえておきたい体幹の作り方] に ついて、メンタルコントロールはスポーツ選手などの世界で最近しきりに言われている言葉でも ありますが、しかし中々メンタルだけにアプローチするだけのメンタルコントロールは 難しい面があります。

 

相手の起こりを読んで [先を取る] のは、すでに後手の後手?

 

主に、イメージのコントロールになると思いますが、ただ 肉体と違って捉えられないイメージをコントロールするにも限界を感じたり、 飽きてしまったり長続きができません。

しかし、古来から伝わっているメンタルコントロールの仕方は自分の身体(体幹操作) の軸を作り上げたり軸を動かしたりしながら、まずは自分の身体の 内部をイメージコントロールすることでメンタルコントロール する力が身に付きます。

そして自分の身体で想像力を訓練したら、次に相手の体軸や相手 との空間までも想像できる力が身に付いてきます。 この想像力が強化できれば、自分のメンタルをコントロールすることは然程難しい ことではなくなります。

以前に書いた「先を取る」の中でも触れたのですが、「相手を読んで 先を取る」とは言っても、例えそれが見えない「内面の動きを察知して先を取った」 にしても、それは既に後手の動きに なっているということです。

意識だろうが、心だろうが動じたものを捉えて動くということ自体がすでに 後手だと言ってるわけです。「真の意味で先を取る」 とは、先にこちらから仕掛けて相手を導くと言う意味ですので、意識なり心なり動作なりでこちら から仕掛けて相手を誘導して勝ちを取るのが「先を取る」という意味なのです。

もちろん、「待ちの技や後の先」というのは 存在しますが、ここでいう「先の先」とはまた違った意味ですので 「先を取るという意味」に限ってお伝えします。

相手の動きや意識の動きを読んで動いても、それはすでに後手だと言いました。 「読心術や透視法」など相手のを先に読む事が仮に 出来たとしても、それによって得た相手の情報を基に自分が動いた訳ですから、 それは相手を見て遅れて動いたことになりますので「後手の動き」 に他なりませんね。

こちら側から何かを仕掛けて、相手の意識や心が動き相手をコントロール することが出来て相手に勝つことが「真の意味での先を取る」 ということだと考えています。

この「先を取る」ということは、「相手に入る」という こととも繋がってくるのですが、私がまだ若い修業中の頃は、 「気を切るな!」という言葉で教えられていました。

 

どうすれば [先が取れる] のか?の答えは先に [先を導き出せ]

 

「相手に入った」まま 「先を取って気を切らない」という状態を保持できるか否かの修行だったのですが、 この目に見えない内面の修行は「自分を信じる力」 無しには頼る手立ては他にはないという状況の中でただ自分を信じて修行を するのです。

しかし今となっては、これが効いてますね。 今の人たちは、「どうしたらその状態を得れますか?」「どうしたら・・どうしたら・・」 こんな質問が先行しますのも当然ではありますが、「修行というものは、 どうしたら・・」という答えを自分で探し出すということでもあります。

あるビジネスの成功者が話していました。「どうしたらその状態を得れますか?」 という質問は「どうしたら楽してそれを得れますか?」 と質問と同じことで自分が自ら努力してそれを 得ようという姿勢に欠けるとのことでした。

仮に、「どうしたらその状態を得れますか?」の答えの一部始終を教えられた としても、その教えられた人は「その状態は得る」かもしれないが他には何の 学習にもなっていない。と言ってもいいのではないでしょうか?もっと言えば 「バカを育てている」ということにも ならないでしょうか。(失礼!)

要するに人生の成功というのは、「どう考えてどう行動して・・」という プロセスの中に答えがあるということなんですが、「お金持ち」という 結果が素晴らしいのではなくて「どう考えて行動して」お金持ちに なったのかが素晴らしいのです。

生まれつきの天才よりも、どのようなプロセスを踏んで「天才と呼ばれる」 までになったか。これが何倍も何十倍も素晴らしい人生 を生きているということです。

途中から少々脱線して申し訳ございませんでした。m(_ _)m

まとめます・・
「相手を読んで先を取る」という書き方をすると、 相手の内面や身体の動きを見て先に動くという風に受け取られると思いいますが、 「相手を読んで先を取るの相手を読んで」、というのは相手に入ったり吸収する 時期を見計らってと受け取った方が解りやすいかも知れません。

様々なスポーツにもイメージトレーニングやメンタルトレーニングは欠かせませんね。 ゴルフ上達プログラム Enjoy Golf Lessons PART.8

護身術マインド動画  指導者が押さえておきたい体幹の作り方

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト