体幹の作り方は武道武術の必須項目
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >体幹の作り方は武道武術の必須項目
 
 

  体幹の作り方は武道武術の必須項目について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。
体幹の作り方は武道武術の必須項目について、これが武道の修行になるのかならないのかはさておいて、覚悟を決める修行には なると明確に言えますが、身体などのその他のリスクの方が多いかも知れません。

50センチの氷柱が下がっていた滝壺で頭から滝のしぶきをかぶる訳ですが、気合と覚悟を決めないと中々入ることは できない修行ではありますが、終わったあとの心境は何が来ても怖いものはない!という心境でしょうか。

「心臓麻痺で死ぬかも知れない!」などの恐怖に勝って覚悟が決まっていざ滝壺へ入る訳ですが、間違いなく身体には良くない ことは誰でも理解できます、しかし人は命を賭けても何かを求めて行くものなんですよね。

こういうことを経験したからかどうかは定かではありませんが「決断や覚悟する力」が普通より強いのはそのせいかも知れないですね。

さて、先程から書いていますが私は若い頃から約20年間、毎年元旦の早朝に滝打ちの行を行ってきました。

所属していた道場の年初めの行事でもあった訳ですが、積雪のため途中で
車を置いて徒歩で雪道を上って滝までたどり着き滝壺の近くで道衣に着替えて
3〜40センチのつららの下がる滝を見ながら
滝に打たれた年もありました。

一般の人に話すと「何のために?」と尋ねられました。 何かする理由とか利益とかが無いと「ただの変人」としか見られない時代なのです。

そりゃあそうでしょう、世の中の「価値観が金儲けの時代」にわざわざ真冬の早朝に 滝に入るなんて「気狂い沙汰」でしかありません。

そんな馬鹿しかやらないような「気狂い沙汰の修行」を20年間毎年行ってきた訳
ですから、そりゃあ「正気の沙汰ではないし変人扱い」されても仕方のないことかも知れませんね。

このページの動画は、あれから何年も過ぎた初冬の早朝です。
年配者の参加者もありましたので、敢えて真冬を避け秋も深まった時期に行ったのです。

それでも参加者の多くから、「生まれ変わった心境」だとか「雑念が消えた」などの 感想を頂きましたが、私の長い「滝行経験」からしても、特に激寒の滝に入らなくても 自分を見つめるという意味では「瞑想や座禅のような内観」を行うことで充分だとおもいますね。

「7つの習慣」という本をご存知でしょうか? 私の愛読書でもありますが、恐らく多くの方が興味を持って読まれたのではないでしょうか。

この本の中に「インサイド・アウト」「アウトサイド・イン」という記述が出てきます。
「インサイド・アウト」とは、まず最初に自分の内面を変化させることで、 それから自分の外側に影響を与えるという原則です。 「アウトサイド・イン」とは、その逆ですね。多くの人の思考です。

「インサイド・アウトの原則は内観」ということができますが、私たちの意識や心などの 内面が外の世界に投影しているという風に考えるのが「内観」です。

ですから、同じ外のものを見ても個々に感じ方も価値観も違う訳です。 それは自分という「内面の世界」が外の世界に映し出しているからに他なりません。

「インサイド・アウトの原則」で考えるようになれば、外に映し出されている現象は すべて自分の心のフィルムが映し出しているということですから、外部の一つ一つが 自分の修行として、自己啓発として捉えられる訳ですね。

まさに「滝行も内観」も自分の前に現れる外の世界をより良くするための レッスンだったという訳なんです。

まとめますと・・
「滝打たれや滝行」などとも言いますが、日常では中々入れない「深い無念無想の境地」に 滝に打たれるという「心身に最大の試練を自ら与える」ことによって入ろうとする修行ですね。

「何も滝に打たれたからって・・」という考える人もいますが、一度やってみて語るのと、やらずに語るのとでは 聴く人は雲泥の差を感じると思いますし、何事も体験して語ったほうが説得力も増すというものですね。

ちょっと怖いけど滝に打たれる時の衣装です。
白装束 修行 滝行 白衣 P01Jul16

護身術マインド動画  体幹の作り方は武道武術の必須項目



体幹の作り方は武道武術の必須項目


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の作り方は古来からの日本文化」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾