遠心力の計算式のように!古武術の身体の使い方教室


 
トップページ 体幹操作とは 護身術Mind動画 動画で未知標 プロフィール お問合わせ
 
 

  遠心力の計算式のように!について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。
遠心力の計算式のようには行かないまでも、武道の精密な遠心力と求心力の活用には驚くべき 計算されたような精妙さが伝承されています。

この「身体の使い方」を説明する場合、常に付きまとう言葉が「軸と重み」 なんですが、この2つに共通するのは、軸も重みもぶつかっていないという事です。

直線で速度を上げて物に接すると、必ずぶつかったという衝撃が接触面に感じられますが、 軸を使った遠心力で物に接すると、接触面にはぶつかった感覚は極少なく感じます。

私たちが「重みという透徹力」を使って物に接触すると、相手の接触面にぶつかった感覚はなく ただ身体全身の力が出ないという感覚で崩れていきます。

この軸の使い方も、重みを発生させることも、目的に沿った特化した訓練によって 使いこなすことができるようになるのですが、自分の身体、特に体幹を操作できる レベルまで持っていくことが基本中の基本になります。

「体幹操作の基礎」が身に付くと、次は体軸を身体にすり込む訓練をします。 この体幹の使い方と体軸の感覚が養成された時には、意識やイメージ力などの 内面的な明確さも相当に強くなっているはずなんです。

この「内面の強さや明確さ」というのが、これ以降の上達には欠かせないキーワードに なりますので、この「内面的な強さや明確さ」によってその後の上達に大きく影響される ということを忘れないで下さいね。

きちんと順番を守り、基礎を身に付けていけば自然と「内面的な力は磨かれる」筈です。 ここまでの差は、それからの修得度に大きな違いを出してしまいます。

もし、あなたが武道や武術の達人を目指したり極めんとするのであれば、この基本を 身体に刷り込むほどに訓練をすることをお勧めします。 なぜなら、この基本の部分に総てが隠されているのですから。

しかし、あなたが趣味レベルで行うのならば、この辺までの理解で十分だと思いますし、 一般の人が驚くレベルにはなっているかも知れませんね。
軸の使い方や重みとは、人間個人の身体能力だったり筋力等だけでは身に付きません。 これは自分の身体と地球の重力や遠心力などを理解して「自分の身体と自然の原理を一致」 させなければならないからです。

やはり、人間の力を遥かに超えたり、普通には不可能な術を使うには人間個体の鍛錬 だけでは困難ですから、「自然の法則や宇宙の法則」と呼ばれる力と一体にならなければ それを可能にすることはできません。

個人的にどれほど鍛えて筋肉隆々になった身体をもってしても、地球の重力が僅かに 強くなっただけでも地面に潰されて跡形もなくなりますし、ほんの少しだけ地球の遠心力が 増しただけで私たちの身体は宇宙の遥か彼方へと飛ばされてしまいます。

こうして見ると、人間個体の力なんて高々これしきのものです。
私たち人間が足元のありんこ同士のケンカを見て鼻で笑ったり踏み潰したりすることと、 「人間個体の強さを誇示」するのは大いなるものから見れば、何ら変わらないのかも知れませんね。

まとめです・・
「軸の使い方と重みの関係」ということ自体が、自然の原理や法則の使い方と言っているようなものですが、 まさに「軸の使い方と重みの関係」とは自然の原理とどのようにマッチングするかということでもあります。

必ず違う目的で使うやつが出てくるんで、個人的にはこんなもの売っちゃ行かん! と思うんだけど、暴漢を確保したあと暴れないようにするにはちょうどいいかもね。
手錠 トリプルリング ステンレス ブラック/シルバー

護身術マインド動画  「遠心力の武道」



遠心力の計算式のように!古武術の身体の使い方教室


昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されて います。そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という、
多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!

 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画
「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!
 
この限定オリジナル特典の「護身術の基本動画」が欲しくて商品を購入される方も いらっしゃる程の人気の特典動画になりました。
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「意識を鍛えるための体幹」に進む

Copyright © 2015 身体操作の道しるべ All rights reserved.
by ホームページ作成スキル