[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 それでも私は体幹の作り方に没頭した
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >それでも私は体幹の作り方に没頭した
 
 

  それでも私は体幹の作り方に没頭したについて



こんにちは飛鳥塾の中山です。

[それでも私は体幹の作り方に没頭した] について、 体幹を使うと意識が鍛えられるって?・・体幹を使う訓練は、ほぼそのすべてが 意識やイメージを使わなければ稽古になりません。

体幹の内側をイメージして、下をこう動かして上はこのように動かして・・という具合にほ とんどすべてが見えない意識のトレーニングなので、自然にイメージや想像力などの 意識の力は目を見張るほど強化されます。

さて、身体操作については、様々な所で語られ解説されていますが、私も私の 理論で多くの場所で語り伝えています。

DVDや動画の中で武道の達人が行っている達人技や人間離れした技、もしくは 如何にもヤラセに見える技など様々ですが、それらは全て結果であり、本質である 原理原則を教え伝えるものではありません。

その中には、「どうだ凄いだろう!」などと、自己優越感に満ち溢れた動画も 存在していますが、多くは原理原則を伝えようとしているものはありません。

これには幾つかの理由があって、決して指導者の自己満足を維持するだけの理由では ないということも知って頂きたいのです。

一つには、古来より「自分の流派の技術を他流派に知られる」 ということは、当時は今では考えられない程の致命的な打撃 だったのです。

 

あなたは [極意とは意識を極める] ことだと知ってましたか?

 

そのため、多くの弟子の中でも優秀な弟子に限って伝承したという記述も 残っているようですし、恐らくは弟子の中でも「人間的、忠誠心、 精神面、性格、身体能力」などを見極めた上で継承させて行ったのではないかと 考えられます。

そのため、継承に失敗し途中で失伝した実践的には日本一ではなかったかと言われる 流派もあります。それは剣術の「夕雲流という流派」で当時の新陰流を凌ぐ剣の 妙技を秘伝として漏洩を固く禁じていたということです。

また「武術的な身体操作の妙技」我々は 「達人力」と呼んでいますが、現代でも武道武術の世界には、これらを 修得した人や指導できる人が極めて少ないことが言えます。

指導できたとしても、「宇宙の力や気の力」など の抽象度の高い教え方ですので、天才とか能力のずば抜けている人しか理解できずに後継者が 途絶えるというリスクもあった訳です。

昔はそうであったのですが、では現代ならば誰にでも公開してもいいのか・・? という問題がありますけど、昔ほどではないにしろ、やはり現代ではもっと危険な状況に なる可能性が高いとも言えます。

それは一気に拡散してしまうインターネットがあるからです。 他の分野でも、誰がどこが本家本元だかまったく解らない ようになってしまっています。

それには、このインターネットという最新兵器が世に出てまだ浅いために未だ 無法地帯になっているからということもあると思いますが、実際に、このインターネットの世界は 情報量だけは万延していますが、どれが本物でどれが偽物かも判断 できない世界になっています。

インターネットの世界では何を始めるにしても、基本から順序よく教えている所 を探して自分で精査して習うようにするしか方法がありませんね。

まとめます・・
「身体操作理論を識る」というのは、まず理から 入るということで、理論や原理があやふやの状態では中々本質を掴んで上達することが 遅れてしまいますよね。

体幹をトレーニングするための最強の味方! トリガーポイント グリッドフォームローラー ヨガ トレーニング

護身術マインド動画  それでも私は体幹の作り方に没頭した

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト