[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 体幹の作り方に関する理論に共鳴する
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹の作り方に関する理論に共鳴する
 
 

  体幹の作り方に関する理論に共鳴するについて



こんにちは飛鳥塾の中山です。

[合気道や空手の護身術] に限らず、道場で行う護身術 には形骸化した形だけの護身術が多いように感じています。護身術とは、ある面 殺るか殺られるかという命懸けの一面があります。

華麗さを見せる演武のように、美しくても複雑な技は命懸けの現場ではとても 使えません。極端に言えば、相手が何をしてきても基本は同じシンプル な技しか実際は使えないのですね。

武術では「意識で中心に入る」と言ったりするのですが、 「中心に入る」とは 自分の中心と相手の中心を繋ぐことでもあります。

これを行うには「意識や内面の強化」が必須には なるのですが、強力な意識で相手の中心に入ると、それだけでも相手の潜在脳は何かを 感じて僅かながらでも動きに現れます。

そして相手は中心を取られたまま、中心を挙げられてしまうと 重心が浮いた状態になってしまいこちらのコントロール下に操られてしまうのです。

武術とは無縁の人がこういうことを聞くと、「荒唐無稽の話し」と一笑されて しまいそうですが、人間の深層心理というのは不思議なものでこのような「荒唐無稽」 に思えることも起こってしまうのですね。

 

あなたは [相手を無力化する] って本気で信じられますか?

 

「先を取る護身術」とわざわざ言わなくても「先を取る」 ことをしないでは護身術など実際の場ではほとんど掛からないし役に立たないのです。

「先を取る」ということと「相手に入る」ということは、 ほぼ同じだと考えて頂ければいいのですが、「相手に入る」ということは 「相手の中心に意識で入る」ということを 先程もお伝えしました。

「相手の中心に入る」とは、「相手を無力化」の状態に してしまうことなので、相手はほとんど抵抗ができなくなってしまいます。

本来、相手や敵をこのような状態にして護身術や技を掛けないと「技というのは掛からない」 と言っても過言ではありません。

従って、「技と称する」力ずくの技は稽古や練習では掛かっても、 命懸けの現場においては役に立たない場合が多いということも事実なのですね。

ですから本当に使える技やテクニックを身に付けるならば、以前に体幹の使い方や体軸を養成 することを身に付けなければいけないのですが、現代は昔のように 生き死にの勝負をする時代ではありませんので、そこまで考える人は少ないという 訳なんですね。

しかし、本当の意味で護身術もしくは武道を極めるのであれば、やはりこの身体の使い方 や意識の使い方は必須事項になるという訳です。

ですから、これらを求めてこられる方のほとんどが武道や武術を 極めたいと言われる方や実際のアスリートの方なら頂点を目指されている方たちが 多いのです。

まとめますと・・
「先を取る護身術」とは、護身術の技やテクニックを身に付ける以前に 身体の使い方や意識の使い方を身につけた方が良いということです。

学校やお店などに暴漢が暴れた時、これがあれば取り敢えず確保! さすまた アルミ 防犯!スタンダードさすまた 刺股 サスマタ

護身術マインド動画  体幹の作り方に関する理論に共鳴する

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト