軍鶏の喧嘩と猫パンチ!古武術の身体の使い方教室


 
トップページ 体幹操作とは 護身術Mind動画 動画で未知標 プロフィール お問合わせ
 
 

  軍鶏の喧嘩と猫パンチについて


 こんにちは飛鳥塾の中山です。
軍鶏の喧嘩と猫パンチについて、「誰が軍鶏の喧嘩じゃい!」と噛み付いてくる人がいるかも知れませんが、 これは、一般的な筋力勝負で戦う全体のことを「軍鶏の喧嘩や猫パンチ」と呼んでみただけですよ。

では「軍鶏ではない喧嘩」とは何か・・それは地球の重力を利用した身体の使い方とでも言いましょうか。

「軍鶏の喧嘩と猫パンチ」というタイトルにしていますが、要するに「筋力や力任せ」といった方がいいかもしれません。 重みを身体の中に作り出すためには、体幹の操作が欠かせないのですが、その体幹から発生した重みが 「手足を通じて重みとなって外部に作用する」という蹴りやパンチが重要なのです。

例えば、へっぴり腰で蹴りを出して相手に当たったとしても大した衝撃もなく、反対に反撃を食らって やられてしまうかも知れません。

「重みが乗る蹴りや突き」というのは、腕や脚の筋力で作り出すものではありません。 筋力の役目は方向を定め微調整することと拳足のスピードをサポートするぐらいです。 「重みや威力を作り出す」のは末端の仕事ではなくて、中心である体幹の仕事なのですね。

ですから、この「体幹を鍛えコントロールできる」ことが一番重要な稽古でもあるのです。 ここをなおざりにしたり適当にスルーしてしまうと「蹴りや突きに重みなどの威力」を 持たせる攻防は先ずできないでしょう。

拳や蹴り足を鍛える前に必要なのは「体幹の操作と重力との一致」なのですが、 「体幹操作を稽古する過程で重力との一致」も解ってきますし、自然と使えるように なってくるものです。

なぜなら、「体幹操作や体軸」という稽古では、意識の力を相当に鍛えますので、これも 自然に「集中力やイメージ力」など内面の力も要請されて行くという訳なんですね。

試しに、思いっきり力を入れてミットを蹴ってみて下さい。今度は身体の力を抜いて普通に 蹴ってみて下さい。ミットを持った人の反応はどうですか?力を抜いて軽く蹴った方が 重さがドンと来る感じがすると思います。

私たちは「力を入れた方が威力があるんだと勘違い」して信じてしまっている所があるんですが、 それはまったく逆で「力を抜いて身体を移動」して蹴った方が断然威力が増すのです。

これは、小さな子供が寝てしまった時にダッコすると凄く重たいって感じた経験があるかも知れませんが、 これは子供が起きている時よりも全身の力が抜けているからなのです。

人間を含めた動物はすべて、相手がしようとしている動作を予測して、それに協力しようとするか、 もしくは反発しようとするかは意識で判別しているのではなく、本能で判断し無意識のままダッコに 協力している身体になる訳ですが、眠ってしまって全身の力が抜けているときはそれができないために 協力しないということなんですね。

まとめます・・
「蹴り抜きの技術」とは、身体の力を抜いた状態から「体幹の起動で蹴り出す」ということです。 そのために「体幹操作や体軸の確保」は必須条件になる訳ですね。

これは「蹴りや突き技」に限らず、すべての身体操作に共通していることですので、 「体幹操作と軸の確保」が出来上がってしまえば、蹴りも突きも投げも、または 野球のピッチャーが投げる「球の重さや軽さ」も変わってくるという訳なんですね。

まずは、体幹から繰り出される蹴りやパンチを身に付けるためには 体幹の中心(コア)が弱くてはどうにもなりません。
【送料無料】鉄人倶楽部フォームローラー ポール、体幹、ストレッチ器具、体幹トレーニング

護身術マインド動画  「蹴り抜きの武道」



軍鶏の喧嘩と猫パンチ!古武術の身体の使い方教室


昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されて います。そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という、
多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!

 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画
「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!
 
この限定オリジナル特典の「護身術の基本動画」が欲しくて商品を購入される方も いらっしゃる程の人気の特典動画になりました。
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「鎧で固めた身体と武道」に進む

Copyright © 2015 身体操作の道しるべ All rights reserved.
by ホームページ作成スキル