丹田呼吸法による内面の鍛え方
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

   丹田呼吸法によって内面を鍛える理由・・
    武道・スポーツ・日常生活・内面を鍛える
     心身を同時に鍛えて使う秘伝のスキル習得サイト。

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >丹田呼吸法による内面の鍛え方
 
 

  丹田呼吸法による内面の鍛え方について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[丹田呼吸法による内面の鍛え方] について、私は自然の原理に基いた、あるがままの 身体の使い方で行った武道が本来の武道だ。って教えているんですけど・・ 今はほとんどが鎧で固めた身体で武道に強くなろうと考えている人が多いんです。

そもそも武道とは何でしょうか? 元々我が身や他を守るために身に付けた術だった訳 ですが、試合や競技の普及によって、人より強くなるためにやる腕試しが目的になっています。

それならそれでいいとしても、筋肉をたくさん体にくっつけて鎧のような身体になって、 武道の技を身に付けて、果たしてそれが強いのでしょうか?

武道も格闘技も喧嘩もある面では同じだとするならば、肉体を鍛えて技を磨いたら強くなる というのは幻想に過ぎません。では下賎な質問ですが、どうして [ヤクザは喧嘩が強いのか] と思いますか? 肉体的に強いからでしょうか?

彼らを奨励するつもりではありませんが、彼らには [覚悟が決まっている] のが多いという ことなのですが、スポーツではなく実際の闘いに強いか弱いかというのはこういうことです。

護身のために「ジャックナイフなどの武器」を携帯していても、イザとなった時に 「使う覚悟」がなければ自分の身を守るための護身用にはならない訳です。

身体を鎧のようにしても、テクニックを磨いても「覚悟がなかったら役には立たない」と いう訳なんです。それよりも [内側を磨いた方] がどれだけ役に立つことでしょうか。

喧嘩や格闘技だけに限らず、何かを成そうとするときも「覚悟が決まらない」人は、いくら テクニックがあっても心がビビリだったら生兵法怪我のもとになり兼ねません。

肉体やテクニックばかりを鍛えるよりも、 [内面を修行して覚悟] を強く鍛えた方がこの 世の中では断然有利で役に立つとは思いませんか。

 

原点に戻って考えなければ [本質にはたどり着けない] こと!

 

さて、あなたは今、何を思って人生を生きているのでしょうか? あなたは、この世の中に何をしに生まれて来たのでしょうか?

人はそれぞれに生まれて来た意味があり、生きている役目もあり理由もあるのですが、 [自分は何のために生まれてきたのか。] [自分は何をするために生きているのか。] という風に、 一度「原点に戻って考えなければ解らないこと」も多いような気がしています。

心の表面部分を着飾って、身体を鎧で固めて持論を吐いて自分を繕っていた時代もあります。 奥の奥のその先を見通すと怖く、鋼のように筋肉をくっつけて表面だけを固め、心の中の弱さを人に 覗かれないように必死で虚勢を張っていたのでしょう。

私にも心の中を他人に覗かれるのが怖くて、心を遮断し締め切っていた頃がありました。 そして外部から覗こうとする者を力付くで阻止する力が強さだと信じていた時代でした。

地震が発生して大地を大きく揺さぶられないと自然発生的に温泉が湧き出ないことと同じ ように、人の心も [頑なな心の岩盤にヒビを入れるような衝撃的] な出来事がなければ、奥の奥にある 潜在意識が現れることもなければ、本当の自分が湧き出ることもないのです。

本当の自分を深い岩盤の中に押し込んで、閉ざしていた頃、 [大自然の呼吸] の話しを してくれた人がいました。それは [もっと弱くなってもいいんだよ!] この言葉を聞いた時、 なぜか涙が訳もなくボロボロ流れて止まらなかったことを覚えています。

大自然はこの世の総てを優しく包み込み育んでいる、総てに恩恵を与え全てを開放している。

そんな [広大な大自然に溶け込むための呼吸] をしなさい。 「呼吸は宇宙と一体になる唯一の架橋」になりますから、先ず、大自然に呼吸をしてみなさい。 そしたら、固い岩盤なんか簡単に壊れて、本当の心がこの大自然と呼吸で繋がりますから。

そう言って、私に「大自然の呼吸」と共に [自然と一体になる武道] を教えて頂いたのが、 かれこれもう30年以上前もことになります。

「武道は人を倒すため」「武道は人に勝つため」に修行するものだと、頑なに心を岩盤の 中に押し込んで出られないようにして、その奥を覗かれるのが怖くて表面だけで跳ね返していた時代、 もしあのまま [心が閉じ込められたまま外の世界に出ていなかったら] ・・

もし、大自然と呼吸を共にしていなかったら、もし・・岩盤が壊されることもなく、ずっと私の心 は岩盤の中に閉じこもっていたのかも知れません。

まとめます・・
タイトルを [丹田呼吸法と内面の鍛え方] にしたのは、頑なに自分の心を閉ざしていた時代に 「外との繋がりが信じる力になるんだ」ということを教えて頂いたのが「大自然の呼吸」でも ありましたから。

大自然と繋がる呼吸を四六時中寝ても覚めても行っていたのを思い出しています。 30年以上経った今でも「大自然の呼吸」は、いつも私のそばにあります。

闇夜でも相手がよく見えて、しかも護身にも使えるっていいね!
最強の護身用ライト グレアブラスター X-20W 防犯 ライト 小型タイプ

護身術マインド動画  丹田呼吸法による内面の鍛え方

 
 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト