[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 体幹の作り方をマスターした人の視点
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹の作り方をマスターした人の視点
 
 

  吸収力タオルの如く力を吸収するについて



こんにちは飛鳥塾の中山です。

[体幹の作り方をマスターした人の視点] について、 吸収力タオルはお風呂上がりの身体の水分をサッと吸収してくれますが、 これと同じように、「相手の力を吸収してしまう妙技」があります。

これは別の言い方では、「相手を無力化」するとも言いますが、 要するにまるで「力を吸収されていく」ような感覚で 自分の力が出せなくなってしまうのですね。

これについて実際に対戦した関取たちが証言している言葉を紹介しますと、 横綱白鵬と対戦した上位陣の関取が、皆口を揃えて言うそうです。

「立ち会いで横綱とぶつかった時、こちらの力というか勢いが吸収される感じがする」 と、まさに、これが「相手の力を吸収する」 ということなんですね。

この「相手の力を吸収する」ということを実戦的な場で体現できているという ことが、白鵬が大横綱たる所以だろうと思っています。

さて「相手の力を吸収する」ためには、普通に筋肉を鍛えて筋骨隆々の身体を 作ってもできませんし、返って筋肉に力が入りすぎるために弾くような 力しか使えなくなります。

例えば、固いもの同士がぶつかったらどうなるでしょうか?
同じ重さの物同士だったら、両者とも弾き飛ばされるか壊れてしまうでしょうね。
両者の重さに差がある場合だったら、軽い方がより大きなダメージを受けてしまう 結果になるはずですね。

もし、焼き物や瀬戸物同士がぶつかったら どちらとも反発し合いますから割れて壊れてしまいますし、衝撃が大きければ粉々 になるかも知れません。

しかし、その瀬戸物とぶつかる相手が粘土など吸収力タオルのように柔らかい ものだったら、固い瀬戸物を吸収してしまう水風船のような柔らかい ものだったらどうでしょうか。

 

固い瀬戸物を吸収してしまう水風船のような柔らかい力とは?

 

世の中の考え方では、焼き物や瀬戸物のように固い方が強いというイメージが ありますが、果たしてそうなのでしょうか?

「女性性エネルギー」という言葉がよく出てきますが、ご存知だった でしょうか?鋼鉄や焼き物などの固くて強いイメージが「男性性エネルギー」で 力には力で突き通して行く反発する力のことをいうのですが 「女性性エネルギー」とは、それらを包み込んでしまう強さとでもいいましょうか、 受け入れてしまう強さなのですね。

筋肉でいうと「能動筋と受動筋」という言い方もできますが、もう力強い ばかりの「男性性エネルギーだけでは本物の強さは発揮」 できない、ということは歴史でも証明されていますし、いま注目されているのは 「女性性エネルギーの柔らかさ」 だということなんです。

そう、「力を抜く」ということですね。「脱力」ということ なのです。長い間、特に男が信じてきた「男性性エネルギーの固い強さ」は 間違いではないのですが、今必要なのは、もう一方の 「女性性エネルギーとのバランスを保つ力」が最強だということ を知ることなんだと思っていますが、如何でしょうか?

先ずはじめに体幹を強くすることとバランス強化、そして吸収することでしたね。 トリガーポイント マッサージボール ヨガ トレーニング ダイエット

護身術マインド動画  体幹の作り方をマスターした人の視点

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト