重力に逆らわない身体を作る方法
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

   重力に逆らわない身体を作る理由・・
    武道・スポーツ・日常生活・重力に逆らわない
     心身を同時に鍛えて使う秘伝のスキル習得サイト。

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >重力に逆らわない身体を作る
 
 

  重力に逆らわない身体を作るについて



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[重力に逆らわない身体を作る] について、武道を極めんとしている方に取っては、 [武道への夢は男のロマン] ではないかと思います。

どちらかというと、[現代は金持ちになりたい!人や成功していい車に乗って自慢したい!] という 人の方が溢れている中で、お金とは無縁に見える「武道への夢を追い求めている人々」は、 とても貴重な存在ではないでしょうか。

お金を稼ぐことが悪いことでは決してありませんが、「金にもならん事を一途に追い求める」 ことも決して無意味なことではないと思います。

その上で武道から得たマインドという考え方や捉え方などの精神を伝えて行く人生も価値の あることではないでしょうか。

お金は有ったに越したことはありませんが、必要以上のお金があっても、即幸せな人生と言える でしょうか。人それぞれの価値観の問題ですが、お金はなくても人命救助のレスキュー隊や命を 賭けて人命を守ろうとする警察官や自衛隊の人たちは有り余ったお金はなくても他のために 自分を捧げられるのです。

この精神は「武士道の精神」から来たものでしょうが、こういう人たちよりもお金を沢山 稼いでいい暮らしをしている人の方に、目が行ってしまうのも仕方のないことかも知れません。

さて、身体操作の自然体武道とは、身体操作は如何に意図を捨て [身体を自然体で使えるか] という本来の武道のことです。

「自然体」ということに関して、私自身も繰り返し何度もお伝えしてきましたが、 いつも心に残るのは「本当に伝え切れただろうか?」という疑問と一抹の不安です。

「自然体とは自然と一体になること」と言っても、その自然とは何か?何を指して自然と 言っているのか?「漠然とした抽象度の高い表現」で教えられた時代には初っ端から理解不能 に陥り離れていった人も沢山見てきました。

「自然体?そんなことはどうでもいい」と思う人がほとんどの中で [自然体とは?] に 興味を持って自分自身もそうなりたいと思いながらも挫折した方を含めるとどれだけの人が求めては 去っていったことでしょう。

 

心と体の繋がり 自分と他人との繋がり 人間と重力との繋がり

 

この「自然体という課題」は、そこに向けられる高い意識がなければ至ることもないのだと 思いますが、先ず [自然と一体になる] その自然とは何か、ということから入らなければ入口に 入る前に挫折してしまうのかも知れません。

先ず、私たちが武道や武術で指す「自然体になる自然」というものを限定したいと思います。 この場合の自然とは「地球の重力」を指しています。 ですから、「自然体になる」「自然と一体になる」ということは [地球の重力と一体になる] と捉えることも出来ると思います。

では「地球の重力と一体化」するとは、平たく言えば [出来るだけ重力に逆らわない] という事になると思いますが、重力に逆らわないとは、重力に沿う身体を創る] という ことなのです。

そうすると、どうしたら「重力に沿える身体」になるのかという課題が出てきますが、 これこそが昔から武術の「各流派の極意中の秘伝」とされていたと言ってもいいでしょう。

他より優って勝利を得ることが「武道や武術に課せられた結果」ではあるのです。 その結果を生み出すためには [身体や技の鍛錬] を要する訳ですが、この身体と技を使いこなすために 必要だったのが、「地球の重力に沿う身体」だったのです。

このように捉えていくと、[武道武術は素より現代のスポーツも運動系] の総てに言えることが、 この根本であり本質でもある「地球の重力に沿う身体」に創り変えることこそが勝利を生む ための「自然の原理であり大原則」であると言えるのではないでしょうか。

私たちは、目に見える身体や技ばかりにフォーカスし、狭い視野で人間の肉体という個体の鍛錬に 打ち込むのが常ではありますが、[個体を鍛えてそれを動かし活動している場所はどこなのか?] ということをもっと考えるべきではないだろうか、と思います。

人間個体のみに焦点を当てて我武者羅に鍛錬するのではなく、 [心と体の繋がり、肉体と周囲との 繋がり、人間と地球の自然との繋がり、人間個体と重力との繋がり] などを先ずは深く知り、 どうすればこの重力と繋がるのかを考えることが先決だと思います。

まとめです・・ 身体の使い方での「自然体の自然」を限定して言えば「地球の重力」ということが見えてきます が、[地球の重力] に私たち人間が沿うということは、沿う身体を創るということなのです。

沿うためには、先ずは「逆らわない」ということになります。 「重力に逆らう」とは、必要のない無駄な力を抜いて重力に沿わせる身体になることです。

武道や武士道の象徴とも云えるものを持っているだけで・・
硬質合金製居合刀(薄刃仕上)

護身術マインド動画  重力に逆らわない身体を作る

 
 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト