身体能力を高める体幹の使い方
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

   身体能力を高める体幹の使い方を学ぶ理由・・
    武道・スポーツ・日常生活・身体能力を高める
     心身を同時に鍛えて使う秘伝のスキル習得サイト。

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >身体能力を高める体幹の使い方
 
 

  身体能力を高める体幹の使い方について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[内面の使い方] 主に意識を使うことに特化して上級クラスのお弟子さんに指導して いましたら、いきなり吹っ飛ばされてしまいました。

これは上級者にしか指導しない「意識を5割以上」使った、云わば 内面強化のトレーニング の方法なんですが、初心者的には非常に困難なスキルですし、中々この辺まで理解し習得出来る人は そんなに多くはいません。

人は目に見えるモノに対しては理解も意外と早いのですが、慣れていないせいもあってか 見えないモノへの理解が中々難しいという訳です。

それには無理もない理由もありますが、一つには見えないモノを指導する難しさもありますし、 u>習得も難しいし指導も難しいという訳で中々広がりも遅いというデメリットもあります。

しかし [心で思ったことが現実になる] ということも事実で、[心が身体を動かす] という 表現で武術では教えられます。

ですから、生徒さんが [心や内面がしっかりとできているか] また [意識はどのレベル] かなどを 見るのに身体にアプローチをしてその判断ができるのです。

なぜなら、 [心(内面)が身体を動かす] ということですから・・昼と夜があって一日ですし、 手の平と手の甲があって手ですし、男と女がいて人間ですし、相反するもの同士が一体となって生命が 誕生するのと同じように、心と体も一体で使わなければならないのです。

ですから、心は心だけ、体は体だけという風にバラバラに使っていては、本来の身体能力も 発揮できないし完成することもないということです。

 

[見えないものが見えるものを動かす] って知ってましたか?

 

人間以外の動物でしたら心や意識というものを自覚していませんが、人間は脳で考えることも 心で意識することもできるのですから、どちらか片方ずつバラバラにしか使えないままだと 非常にもったいない訳です。

というか、人間本来の生き方が難しくなる訳ですし、人間として自分を完成に近づける事も できません。また、武道では [極意=意識を極めること] と言われるように、人間が限られた人生の 中で如何に意識を強化できるかということなのです。

一般的には、瞬間に身体が反射的に動くように訓練して、1秒でも速く動くことを目指して 訓練していきますが、それはどんなに速く動いたとしても、精密な動きとはほど遠い動作になって しまうのですし、武道の場合でしたら無駄な速さは命取りになるということもあります。

意識とは、目に見えないレールのようなもので、まず意識で見えないレールを敷いて、 そのレールの上を実際の身体の動きがなぞって動くと狂いのない精密な身体の動作に繋がるのです。

システマも身体操作としては古武道の動きそのものですね。 システマ実戦講座 SYSTEMAの戦い方が公開されるのは初めてである!

護身術マインド動画  身体能力を高める体幹の使い方

 
 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト