現代で失われた体幹の操り方を求めて
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >現代で失われた体幹の操り方を求めて
 
 

  現代で失われた体幹の操り方を求めてについて


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

現代で失われた体幹の操り方を求めてについて、内面の力、心の力、イメージの力、また意識の力などと言われるものを 指していうのですが、この見えない力を使えるようにするにはどうしたらいいのか。

見えない力の使い方というテーマでセミナーを行い、その一部を動画にしました。
有料セミナーのため超重要なことも喋っていますので、音声は音楽に代えさせて頂いていますが動画でも雰囲気は充分に 感じ取れるのではないかと思います。

「見えない力の使い方」というと如何にも怪しい世界の話のようですが、私たちは誰もが「心と体を同居」 させて生活し生きている訳です。

身体は思うように動かせても、心は自分の意に反してあっちこっちに飛んで回ってコントロールできない、 誰しもこのような悩みは持っているのではないでしょうか。

身体は身体、心は心というように別々にバラバラに考えているとしたら、その考え方から改めていく必要が ありますし、この考え方自体が自分を不自由にし、また不自然な考え方なのです。

「心と体」は一見して、まったく異なる性質の両極なのですが、しかし私たちが生きるこの世の中のすべては 相反する両極が一体化して完成されているのです。

昼と夜が一つになって一日であり、物にはすべて裏と表がありますし、男と女も相反する性ですが、 この相反する両極が交わってはじめて生命の誕生を可能にするのです。

これらと同じように私たちの中には「心と体」という、一方は目に見える形もあり臭もありますが、 もう一方の心には形もなく目にも見えず触ることもできないまったく真逆の性質です。

また、目に見える身体には制限がありますが、目に見えない心の方は無限にしかも一瞬に移動することが できるのですね。行きたい場所にもサッと行くことができますし欲しいものも一瞬に手にすることもできます。

本来は、この真逆に思える「心と体」は一つのものとして一体化して使うものなのですね。
とは言っても、ほとんどの人が体は体、心は心という風にバラバラに使っているのが現状なんですね。

この動画の場合で話しますと、まず身体の動きよりも先に「意識が相手に入る」という意識トレーニングを することによって、更に意識の力が鮮明明瞭になり現実と遜色のないような明確さに近づきます。

地道な訓練ではあるのですが、これらを繰り返して行くことで「心と体が一体化」した身体の動きに 変わっていくという訳なんですね。

見えない心や意識などにフォーカスして修行するという「捉え所のない修行」のために多くの人達が 理解することもなく習得することもなく断念していったのです。

その「捉え所のない修行」を限りなく「捉え所のある修行」にしたのが、この体幹操作法という基本なのですね。

中国武術も身体操作としては日本古武道の動きも同じなんですね。
太極拳に学ぶ身体操作の知恵 「10の言葉」がカラダを拓く!

護身術マインド動画  現代で失われた体幹の操り方を求めて



現代で失われた体幹の操り方を求めて


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆「体幹の操り方を今すぐマスターする」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾