体幹の変え方のヒントは意識にある
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 プロフィール お問合わせ
動画で道しるべ 体幹基本習得法
  TOP動画で道しるべ >体幹の変え方のヒントは意識にある
 
 

  釈迦の気で入る方法について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

体幹の変え方のヒントは意識にあるについて、ご存知の通り、お釈迦様は人類最高の大天才で、その上苦しんでいる人々を救いたいと願い、 滝行や山篭り、断食や死ぬ寸前まで難行苦行して「無駄であるほっとけ(仏)」との悟りを開いたと言われます。

ほっとけという悟りが(仏)の由来というのは後の解釈だと思いますが、ほっとけ=無理はしない=自然体になるという 自由に解釈もできる言葉でもあります。

「ほっとけという言葉の意味」を、捉え方によっては「無気力的に取る人」もいるかも知れません。 しかし、人間の人智であれやこれやと考えて結論を出そうとせずに、人事を尽くしたらあとは自然に任せろ!という ことを悟られたのだと思うのですね。

自分の力では何もせず、神頼みをするのとは違いますが、「やるだけやったら、まな板の鯉になればいい」ということです。 開き直りとも取れますが、人事を尽くして天命を待つという心境ですね。

これは一つの悟りであって、普通の人間においそれとできるものではありません。 武道の修行者はというか、少なくとも私の場合は、この悟りの境地に至るのを私の武道修行の中でも最高峰の目的です。

崖っぷちに追い込まれ、もう一歩も下がれない時、人間はどういう思考になるのか?どのような精神状態になるのか。 今まさに侍が首を跳ねられようと首切り役人が刀を振り上げた瞬間、人は何を思って刀が降りてくるのを待つのか・・。

常にその一点に思考を巡らし、武道の修行に取り組むように考えてきました。
「火事場の馬鹿力」「崖っぷちからの生還」などこのような信じられない力はどうしたら引き出すことができるのか。

お釈迦様が証明したように、身体の苦痛に耐える難行苦行は必要とせずとも、「すべてを自然に任せる」ということが、 難行苦行にも増して困難なことではありますが、それは苦痛ではなくて修行する喜びに変わって行くのです。

「すべてを自然に任せる」というと意外と簡単なようですね、しかし「まな板の鯉や首が飛ぶ瞬間」 と聞くと鳥肌が立つほど心にも身体にも緊張が走ります。

この状態で「すべてを自然に任せる」ことができなければ、実は武道などとてもできない訳なんです。 なので、「武道を極める」などと言いながら、華麗な型を追求したり、リング上での強さを追求したとしても とても「武道を極める」などということにはならない訳です。

本気で「武道を極める」のであれば、「まな板の鯉や首が飛ぶ瞬間にすべてを自然に任せる」ことのできる 内面の修行をしなければなりませんし、釈迦の気で入る方法を知れば、華麗さも強さもそれを修行した結果として得られるのです。

この動画の「釈迦の気で入る方法」は見る人によっては、結構退屈な動画かも知れませんが、内面に特化して内部の力を 身体に伝えて相手に作用するという現象を起こしている訳で最初から肉体で相手を倒そうとしているものではありません。

お釈迦様の修行をテーマにさせて頂きました(お釈迦様の木彫仏像)。
仏像・釈迦如来 六角台座 唐草光背(1.8号)

動画で道しるべ  体幹の変え方のヒントは意識にある

 
 
体幹の変え方のヒントは意識にある

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されています。 そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典動画 「基礎講座/非売品」をプレゼント!
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾