武道武術が体幹の変え方を進化させた
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >武道武術が体幹の変え方を進化させた
 
 

  武道武術が体幹の変え方を進化させたについて


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

武道武術が体幹の変え方を進化させたについて、体重が重い軽いは然程関係なく意識の力を作用させることができるということを 確認する意味と証明する意味で動画を作りました。

お弟子さんの中に、元パワーリフティングをしていた体重100キロは裕に超えてる力もちがいるんですが、 その力持ちのお弟子さんに普通のチカラで挑もうものなら、私が3人掛かっても勝てないと思うほどの怪力です。

大相撲の関取にも、身体の使い方の理論や考え方など意識的なコントロール法>を指導していますので、 力勝負ではとても歯が立たないまでも、意識の力を使えば負けない自信は充分あります。

では真剣勝負でも勝てるのかというと、そこが問題なんですね。 というのは、その人の修行で得ているレベルにもあって一概には言えない部分がありますね。

その達人と言われている方の実戦の経験などは実戦勘として非常に大切なポイントになると思いますね。 真剣勝負で互いに対峙した時の「心の状態がすべて」だと言えます。

例えば、いざ勝負の際に、すでに心がビビっていれば、稽古ではできても本番ではできないという結果に なるのは火を見るよりも明らかです。

私が心や意識などの内面を鍛えることの重要性を話すのは、そこにある実戦経験なんですね。 極論しますと、空手の世界チャンピオンだろうが命が掛かる勝負で恐怖に心が怯えて固まってしまえば、 真剣勝負では勝つことはできないのです。

名も無き人間でも、腹が据わっていてマインドが強ければ真剣勝負では勝てる可能性が出てきます。 「内七分外三部の沖縄武術」で学んだ鍛錬法が身に付いていれば、例え格闘技のチャンピオンにだって 命を掛けた真剣勝負では負けないのです。

他でも何度でも話してきましたが、体力や筋力、スピードや動きの速さなどの身体能力的な高さや優秀さは 身体能力を競い合うスポーツの世界では勝利するための絶対条件になります。

しかし、命懸けの真剣勝負や私たちが命懸けで生きている人生の中ではどうでしょうか? 身体能力の高さはあったに越したことはありませんが、それよりも平常心や不動心、集中力や想像力等などの 見えない力、内面の力の方が役に立ちますし生きるための絶対条件になりませんか。

現在の平和な時代に生きている私たちは、スポーツもゲーム感覚で楽しく見て応援することもできます。 そのこと自体は平和であるがための恩恵でもあり、素晴らしい時代だと感謝しなければなりません。

しかし、それとは別に人生という真剣勝負の中で生きるための力も養って欲しいと願っている訳で、 武道や武術に限らずも、心や意識を鍛えることで自分の人生をよりよく生きられるとしたら、それを やらない手はないと思うのですが如何でしょうか。

武道魂に至るための身体トレーニングDVD
budokon(武道魂)“其の弐 中級編”DVD【ヨガ・ピラティス】【フィットネス】

動画で道しるべ  武道武術が体幹の変え方を進化させた



武道武術が体幹の変え方を進化させた


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆「現代日本の体幹の変え方と真逆の思考」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾