体幹の変え方が現代日本を牽引する
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹の変え方が現代日本を牽引する
 
 

 体幹の変え方が現代日本を牽引するについて


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

体幹の変え方が現代日本を牽引するについて、私の知る合気道や合気柔術では「肩合気や胸合気」などと言われるものがありますが、 それらは秘伝でもあり奥義でもあると言われていました。

手足を持たれての合気なら、少々上達すれば「意識力と身体を半分づつの割合」で使うことが出来れば、 可能になる技が多いのですが、これら「肩合気や胸合気」や、さらに相手の動きを止めてしまう高度な技などは 少なくとも「7対3以上の割合で意識や気」などの見えない力の強さが必要になります。

何ごとも基礎や基本というものを、どのレベルで理解しているかに掛かっているのですが、基本的なものが しっかり出来ていて、全体の力が3〜5割だったとしても基本の理解度によっては、「シンプルな助言」だけの きっかけで全体の理解度レベルは5〜7割と急上昇します。

しかし基本の理解度が低い場合は、どんなに素晴らしいアドバイスをしても中々理解するまでには至りません。 基本の理解度というのは、何もその具術的な基本に限らず、ものの考え方や捉え方などのマインドも含む訳です。

これらマインドの低い人は、恐らく何に取り組んでもそのマインドで取り組みますので、何一つとして達成する ことは非常に難しくなると思います。

こういう方は、まず技術やテクニックを身に付ける前に、その考え方や捉え方などのマインドを変えない限り 過去に達成できなかったマインドのままで新しいものに取り組みますので何度やっても達成できません。 このような内面的なものを重視しない人が、何度も何度も繰り返し失敗し到達できないのは、運動神経や身体能力、 または才能の有る無しではありません。ただその最初に来るものの捉え方を変えていないからなのです。

医者や薬剤師など、一般世間からは頭の良いといわれる人たちにも、過去にも教えてきましたが彼らにも言える ことですが、知識が豊富なことが頭がいいと思い込んでいることもあって、自分が信じている優秀すぎる頭に依存するが あまり、人の教えを素直に受け入れようとしない人が多いように思っています。

教わる先生に対しても「俺の方が頭がいい」と思っているのか、素直になれない人が多いですね。 この武術の身体の使い方の場合、このように頭脳で考えて行っても頭脳優先になれば「頭脳止まりの知識」に 終わってしまいますので、知識から身体に落とし込んで感覚として捉えるところまで行かないのです。

評論家みたいに知識でバリアを張っているような人が、よくいますよね。 「百聞は一見に如かず」から「百見は一触に如かず」まで昇華して行けた時に、 自分が変わったという実感が持てるのだと思いますので、どうか「面積から体積へとマインドを変えて」行かれることを祈ります。

植芝盛平、藤平光一、塩田剛三など合気道の基礎を作った人たち
【DVD】合気道クラシックス vol.1

動画で道しるべ  体幹の変え方が現代日本を牽引する

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座の紹介です!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 意外にも多くのお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/非売品」⇒ この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト