体幹コントロールスキル












 

首里手に学んだ最初の基本型
 
身体操作能力を高める体幹の使い方

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >首里手に学んだ最初の基本型
 
 

  首里手に学んだ最初の基本型について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[首里手に学んだ最初の基本型] について、私が最初に学んだ型は [ナイファンチ、平安] でした。小さい頃に空手に興味を持ったことが最初のきっかけでしたが、同じ空手でも自分が習って きた空手が本当の空手なんだろうか?と疑問を持ちだした時期がありました。

それは、昔の武道書や武道小説などを読んでいると、私が学んでいる空手が別物のように思えて きたということもありますが、ちょうどその頃から肉体や技だけではなく、心や意識という内面の世界 への興味がふつふつと湧き上がっていたということもありました。

何が真の空手なのか、何をすればそれを確かめられるのか、このように考える日々が多くなってきて、 「そうだ、本場に行ってみよう!」そう結論すると、早速その準備に取り掛かったのです。

空手の本場といえば、言わずとも知れた沖縄なんですが、当時はインターネットもなく情報という 情報は書物や雑誌などで知る限りの少ない情報量だったのです。

 

インターネットもない時代、直接行って確かめるしかなかった!

 

しかし、当時はそれが当たり前でしたので、[自分でやってみて行動してみて答えを出す方法] しか なかった訳ですから当たってみるしかありません。

現代のようにインターネットで [豊富な情報を収集] して、やるかやらないかを決めるということ もできずに、 [当たって砕けるしかなかった] のです。

でも、その体当たりの精神が、返って勇気や覚悟などを養成してくれたのかも知れません。 行動してダメだったらダメで、その体験が今後の人生の大きな力となってくれるかも知れないから。

私がまだ二十歳に満たない頃、初めて沖縄へ出かけて行きました。まだまだ血気盛んな青い時期の 私ではありましたが、それなりの覚悟を持ってひとり旅立ったのです。現地の人に訪ねながら、 空手道場を探し彷徨ったあの頃が懐かしく思い出されます。

沖縄に来て数日後、見知らぬ地で探し回った末に、長きに渡って指導を受けお世話になった師との 出会いがあったのです。

[鹿児島の新港からクイーンコーラルという客船] に乗って、奄美大島や与論島などの 各島々に寄港しながら、約24時間航海して沖縄に着きました。

その間、関東や関西、北海道など色いろな場所から、それぞれの目的で沖縄に向かう人々と縁を 持たせて頂きながら、楽しい会話や優しい気使いに触れつつ、これから自分の行く道のことを思い 描いていました。

何のためにわざわざ沖縄まで行く? ここでも空手はできるじゃん?というような疑問を多くの 友人や仲間に持たれながら沖縄に渡ったのは、「本場の空手をこの目で見たい!」という一心 でしたので友達の言葉など耳にも入らず旅立ちました。

ただ「本場の空手を見たい!」そして自分の空手と比較してみたいという思いでした。 ひたすらに、本物の空手を追求したいという純粋な気持ちの現れでしかなかったのです。

 

奄美大島 徳之島 与論島を経て24時間掛けて沖縄に着いた!

 

先ほども書いた通り、鹿児島まで列車に乗って、鹿児島新港からクイーンコーラルという客船に 乗って、奄美大島や徳之島、与論島などを経て、24時間あまり掛けて沖縄に着きました。

そこからは地図を片手に、行く先々で現地の人々に訪ねながら空手道場を探して歩くことを何日 くらい続けたでしょうか。

そして、ついに私を受け入れてくれた道場があったのです。しかも、今では沖縄でも古流の琉球空手 を継承している道場は減り、実戦系の試合に強ければいいという [現代空手の流れが押し寄せつつ] ある時期でもありました。

そんな中、古来からの [琉球武術を守っている師] に巡り合うことができたのです。 それは、奇跡というしかありませんでしたし、もしかしたら私の一途な思いに情けを掛けてくれた 神様が巡り合わせてくれたのかも知れません。

それ以来、長年に渡り行き来をさせて頂きながら、稽古はともあれ貴重なお話しを聞かせて 頂き交流を深めて行きました。

それから十年あまりの年月が経ったある日、これも偶然に合気道の師に出会うことになったのです。

現在の私の武道や身体操作は、 [琉球空手のエキスと合気道のエキス] をベースに取り入れ た武術になっていますので、空手の突き蹴り、合気の柔軟な技が見え隠れする身体操作という ように柔と剛が混ざり合っって [体幹操作] となった訳です。

身体の操作も大切ではありますが、どちらかと言うと心であり意識であり内面に重視して 構成しています。それは、琉球武術の [内八分、外二分] の教えに基づいていますし、また 合気道の [呼吸力や気] という身体そのもの以外に重きを置いて [心が身体を動かす] という ことを明確にした上で、心と体を和合するということです。

動画で道しるべ  首里手に学んだ最初の基本型

 
 
体幹操作の飛鳥塾師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 身体操作能力を高める体幹の使い方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト