体幹の鍛え方に反論する意見に対して
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 プロフィール お問合わせ
動画で道しるべ 体幹基本習得法
  TOP動画で道しるべ >体幹の鍛え方に反論する意見に対して
 
 

  体幹の鍛え方に反論する意見に対してについて


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

体幹の鍛え方に反論する意見に対してについて、と言っても体幹トレーニングのように体幹のインナーマッスルを強化する という筋トレ的なものではなく、体幹の動かし方を訓練する目的がメインだと言った方が正解ですね。

もちろん、その過程によって体幹内部のインナーマッスルが強化されたり強くなったりはしますが、 あくまでも強化そのものを目的としたものではなく、体幹のコントロールが第一の目的だということです。

また、身体操作では、身体の各パーツができるだけ自在に動く必要があります。
更に、手足の末端がムチのように動くためには、体幹から発する力を習得する ことが先ずは必要になります。

そのためには、体幹の中心から手足へと力の流れを習得することが重要です。
体幹の中心になる部位は、「骨盤の中にある臍下丹田」という場所なんですが、 解剖学的に表せば、仙骨部分で仙腸関節の位置だと体感的に感じています。

もう一つは、心肺を保護している12本の肋骨からなる胸郭部になりますが、 これも昔から、「中丹田」と呼んで重要視されてきました。

体幹の中のこの両丹田を連動させ、体幹内部で発動した力を両手両足に流して 伝えることで末端ではムチの力に変化させることができるようになります。

この動画は、その体幹の基礎トレーニングとして作成しました。

あくまでも「体幹操作基礎トレーニング」としての一部ですので、これが出来たから「身体操作」を修得したと いう訳ではありません。それら「身体操作に必要な体幹操作基礎」トレーニング法を紹介したという訳ですね。

あくまでも「体幹のコントロール」なんですが、それには体幹の強化も含まれています。 体幹は弱いよりも強い方がコントロールもしやすいのですね。
(リップ60)サスペンショントレーニング【送料無料】

護身術マインド動画「体幹の鍛え方に反論する意見に対して」

 
 
体幹の鍛え方に反論する意見に対して

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されています。 そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典動画 「基礎講座/非売品」をプレゼント!
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾