逆転の発想で考える体幹の鍛え方
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >逆転の発想で考える体幹の鍛え方
    
 

  逆転の発想で考える体幹の鍛え方について


 こんにちは飛鳥塾の中山です。

逆転の発想で考える体幹の鍛え方について、今テニスやゴルフ、野球など何のスポーツでもしきりに体幹トレーニングなどと 叫ばれていますが、体幹トレーニングというと体幹の中のインナーマッスルを鍛えることだと言っていますね。

私は、その体幹トレーニングで言う体幹のインナーマッスルの強化を含めた、体幹上下の動きをコントロールすることを 目的とした「体幹操作という呼び方で体幹のコントロール法」を指導しています。

他のページでも説明しています「達人力に関して」ですが、 ここでは特に「体幹の使い方」についてお伝えしたいと思います。

習得した状態を「達人力の身体操作」とも言っていますが、これを得るためには幾つかの段階を踏む必要があります。
1、体幹の使い方を習得する(体幹操作)
2、体軸の使い方を養成する(体軸養成)


まず、ここまでは自分の身体をコントロールする方法を身に付けます。

3、地球の重力と抗力の働きを理解する。
4、重力と効力を自身の身体操作と繋げる。
5、他すべての自然の原理との繋がりを理解する。


ちょっと難しい表現ですが、先ずは1と2までを習得するようにして下さい。
3〜5までは、生涯を賭して本格的に追求してみたい人だけでいいと思います。

一般人との身体の使い方とは違った「身体操作法」を体得するには、 また、スポーツ等での効果を出すためなら、この「1と2の習得」で十分に 違いが出て他とは圧倒的な差になる筈です。

しかし、どうしても「3〜5まで修得」したい方は、一生涯修行する覚悟を決めて 取り組むことが必要になりますよ。

この辺からは、個々の才能とかセンス、覚悟の仕方にも多いに関係して来ると 思いますので、中途半端な気持ちでは修得は不可能だと思います。

なので、先ずは「自分の身体をコントロール」する方法を習得して下さいね。

「達人力」とは、説明していますように、人並み外れた心身の使い方を「修得した人が使う力」なのですが、 この「達人力」という身体と心の使い方を知って「護身術」の技を稽古することで確実に実践で使える護身術が身に付きます。 そういう意味で「達人力と護身術」という表現を使っているのです。

これは体幹を強化して体幹のバランス感覚を鍛えます。
キュッとひきしめ体幹トレーニングローラー

護身術マインド動画 「逆転の発想で考える体幹の鍛え方」



逆転の発想で考える体幹の鍛え方



 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「やってはいけない体幹の鍛え方の注意点」に進む


Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾