不動智神妙録の武道!古武術の身体の使い方教室


 
トップページ 体幹操作とは 護身術Mind動画 動画で未知標 プロフィール お問合わせ
 
 

  不動智神妙録の武道について


こんにちは飛鳥塾の中山です。

不動智神妙録の武道について、宮本武蔵が手の付けられない暴れん坊の悪童時代に武蔵を生まれ変わらせたということで 知られている「沢庵和尚が残したとされる不動智神妙録」ですが、ご存知の方も多いことだと思います。

沢庵和尚は武蔵に対して、主に考え方や物の捉え方などのマインドセットを教えた人物として有名ですが、やはり 今も昔も人の「土台になるのはマインド」だということが解りますよね。

武道で言えば、どれほど剣の腕があってもテクニックに長けていても「精神がチキン」だったらダメなんですよ。 逆に剣の腕やテクニックが大したことがなくても「内面的な覚悟」ができていればモノになる訳なんです。

だから、どのような分野でも言われるのが「マインドセット」なんですが、しかし多くの人は、形に見えるテクニックや 技にばかり走ってしまうんですよね。

例えば、高度なテクニックを持ち筋骨隆々のリングでは無敵の格闘家とヤクザが喧嘩したらどっちが勝つと思いますか? これは大方の場合、ヤクザの方が勝ちます。勝負にもならないかも知れないほどヤクザの方が強いです。

なぜなら、ヤクザは少なくとも「自分の命を捨てる覚悟」ができているのが多いからです。
それに比べて格闘家を含む一般人は、「命を捨てる覚悟の出来た人」は稀にしかいませんから勝負にもなりません。

ヤクザなどを出して質の低い話しをしましたが、この方が一番解りやすい例かなと判断したためで、ヤクザを 推奨している訳ではありませんので誤解のないように念を押しておきます。

要するに、「覚悟ができなければテクニックや技など役に立たない」ということですよ。

さて、不動智神妙録という沢庵和尚が書いた本の中にに失われた人間の心を学ぶ。
最近の医学でも、腰痛などの痛みもすべては脳にある。
このように脳に関する理解と研究が昨今、 さらに深くなってきているようです。

これは、あくまでも私個人の見解ではありますが、 古くから武術は「身体と意識」、言い変えれば「脳と身体」の関係を 体験的であれ理解していたのではないのか。

と思われる不思議としか言いようのない「身体操作」が 古くから武術に存在するからです。それは自分の死と相手の死に直面する「究極の修行」の 中でしか理解、発見できなかったのかも知れません。

宮本武蔵のマインドを変えて天下一の剣術家にした名作
沢庵 不動智神妙録 / 沢庵宗彭 【全集・双書】

護身術マインド動画  「不動智神妙録の武道」



不動智神妙録の武道!古武術の身体の使い方教室


昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されて います。そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という、
多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!

 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画
「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!
 
この限定オリジナル特典の「護身術の基本動画」が欲しくて商品を購入される方も いらっしゃる程の人気の特典動画になりました。
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「空手で身を守る事ができるか」に進む

Copyright © 2015 身体操作の道しるべ All rights reserved.
by ホームページ作成スキル