体幹の進化論に日本中期待を寄せる
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >日本中が体幹の進化論に期待を寄せる中
 
 

  日本中が体幹の進化論に期待を寄せる中について


こんにちは飛鳥塾の中山です。

日本中が体幹の進化論に期待を寄せる中について、人はイザという時に無意識に出るのは一番自分に身近なもので、一番得意な ものです。例えば柔道選手だったら相手を掴みに行くでしょうし、ボクサーだったら相手の顔面にパンチを 叩き込むでしょうし、空手家だったら蹴りが相手の脇腹に蹴り込まれるという具合に得意技が無意識に出てしまいます。

同じく筋トレ後遺症の人も、力と筋肉が自慢ですから、例え相手が誰だろうと無意識に筋力で勝負しようとします。 人間の肉体や筋力には限界があり、歳を取れば取るほど肉体や筋力は衰えて勝負どころではありません。

筋トレ後遺症の解決法として、では肉体や筋力の代わりになるものはないでしょうか。歳を取れば取るほど衰えない 肉体や筋肉頼みではない身体の使い方ないのでしょうか。

はいあります。それが古の武術が伝承している体の使い方なのですが、このサイトの各ページでお伝えしている内容が まさに、肉体や筋肉に頼らない身体の使い方なのですから、是非このサイトの情報を活かして頂ければ幸いです。

さて、精密技術の護身術とは、体幹の統一体で動く身体操作がベースにあって初めて可能になります。

「精密技術の護身術とは」と、わざわざ言っているのには、 非常に重要な訳があるからなんですね。

こう来たらこう返して、こう倒すなどの表面的な護身の技を、いくら何度も行っても所詮、道場でしか使えない「畳の上の水練」になります。

それはなぜか!「護身術」の表面的な技を精密に使うためには、それ以前の「体幹内部の操作」が必要だからなのです。

表面に見えているのは「技」であり、その「技」を精密且つ精妙に操っているのは、「体幹操作」と呼ばれている内面の操作法なのです。

「護身術」をはじめ、すべてはここの習得によって表面に見える技が輝きを見せるし、精巧な技に進化するのです。

ゴルフだって力任せではどうにもなりません!
普通のサラリーマンが2年でシングルになるための7つの基本動作[ 山口信吾 ]

身体操作動画  日本中が体幹の進化論に期待を寄せる中

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座の紹介です!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 意外にも多くのお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/非売品」⇒ この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト