[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 「体幹操作」知っておきたい体幹の進化論
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >知っておきたい体幹の進化論活用法
 
 

  「体幹操作」知っておきたい体幹の進化論について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

[体幹操作 知っておきたい体幹の進化論]について、 これは運動による力の定義ですが、距離と速度+時間差に関する大きな力は あまり知る人が少ないということなので、ここで少し解説したいと思います。

 

 [力の定義が距離×速度] ならそれらを体内で作ってみたら?

 

これを使うには「打ち寄せる波」の力の原理を使うことが必要です。 身体操作には「意識と動作のズレ」がなければ 相手にはうまく作用しません。

例えば「釣竿やムチ」のように手元が僅かに 動いた後に先端が少し遅れて大きく動くことによって、手元の力を増幅させる事ができるのです。

これと同じように「体幹の中心」の僅かな動きに何倍もの増幅された力が 末端である手足に伝えられ、大きな波のような力が相手に伝わるということです。

この「時間差」を生み出せなければ、「1の力は1」でしかないのです。 力の定義が「距離×速度」として初めて相手に伝わる威力が決まる訳ですね。

なので、一般の力の使い方は1で起動した力が、そのまま1しか相手に伝わらない という「身体の使い方」を行っている訳ですね。

ほんの少しの「身体操作の時間差」を付けるだけで、 まったく異質の力になってしまうということを覚えておいて下さい。

琉球古武術のサイの稽古は危険が伴いますが、これなら安心! ISAMI(イサミ)フォームラバーサイ【あす楽対応】

護身術マインド動画 知っておきたい体幹の進化論活用法

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト