結局最後は体幹の緩め方に終始した
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >結局最後は体幹の緩め方に終始した
 
 

  結局最後は体幹の緩め方に終始したについて


こんにちは飛鳥塾の中山です。

結局最後は体幹の緩め方に終始したについて、基本の型であるテンプレートを体に叩きこむ気持ちでインプットし 初めて次の段階に進まなければなりません。

身に付けた型であるテンプレートが、適当であったり中途半端の習得状態であれば必ずどこかの時点で 大きな壁に進む道を遮られることになります。

そして再びスタートに戻って、テンプレートをインプットし直さなければならなくなります。

テンプレート武道の基礎なんですが「型」を破った後は「型」を離れなければならないのです。

型は、型があるから破ることができます。

鋳型は何千何万という同じ型を作ることができます。

そして鋳型で作られた型は、その型を破ってオリジナルへさらに型を離れて独自の流れとなるのです。

この「守破離」の行程を踏まずには何事も成し遂げられはしません。

逆に、型にはまった動きなどと「型に対して」否定的な言い方をする場合があります。

「型とは基礎」になる部分で非常に重要な土台なのですが、中には「型から脱する応用力」が 乏しいためにズッと型の中にはまったままの人もいます。

これは、まさしく「守破離ということを理解」していない人で「型に埋もれて」しまった人ですね。

琉球古武道や沖縄古流空手と呼ばれれる基本の型。
沖縄空手古武道事典 [ 高宮城繁 ]

護身術マインド動画  結局最後は体幹の緩め方に終始した



結局最後は体幹の緩め方に終始した


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の緩め方で得るストレス解消法」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾