体幹コントロールスキル











 

型があるから型を破る守破離
 
身体操作能力を高める体幹の使い方

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 感想・問い合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 体幹軸ゴルフ教材 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >型があるから型を破る守破離
 
 

  型があるから型を破る守破離について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[型があるから型を破る守破離] について、基本の型であるテンプレートを体に叩きこむ 気持ちでインプットし初めて次の段階に進まなければなりません。

 

 まずは型というテンプレート通りに基本を身に付けること!

 

身に付けた型であるテンプレートが、[適当であったり中途半端の習得状態] であれば必ずどこか の時点で大きな壁に進む道を遮られることになります。

そして再びスタートに戻って、テンプレート、型をインプットし直さなければならなく なります。

テンプレート武道と呼んでいる基礎なんですが「型」を破った後は「型」を離れなければならない のですが、これは昔から言われる [守破離] の学び方です。

型は、 [型があるから破る] ことができます。 また、鋳型は何千、何万というまったく同じモノを作ることができます。

そして鋳型で作られたモノは基礎になりますので、次にそのモノの基礎そのものを破って自分の感覚 を混ぜてみます。さらにそれに加えて自流を作り鋳型を離れていきます。

この「守破離」の行程を踏まずには、何事も自分のモノにすることは不可能ですし、 それを成し遂げることも困難だと思います。

逆に、型にはまった動きなどと「型に対して」否定的な言い方をする場合もありますが、 それは鋳型という [守] の部分は理解したが、それ以後の [破と離] を理解していない人の話です。

「型とは基礎」になる部分で非常に重要な土台なのですが、中には [型から脱する応用力] が乏しいために、その後もズッと型を守ってしがみついているだけの人もいます。

これは、まさしく「守破離ということを理解」していない人で「型に埋もれて」しまった人 であって、[守破離] の全体を見ていないということです。

琉球古武道や沖縄古流空手と呼ばれれる基本の型。 沖縄空手古武道事典 [ 高宮城繁 ]

護身術マインド動画  型があるから型を破る守破離

 
 
体幹操作の飛鳥塾師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 身体操作能力を高める体幹の使い方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト