限りなく透明に近ずく体幹の緩め方
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP動画で道しるべ >限りなく透明に近ずく体幹の緩め方
 
 

  限りなく透明に近ずく体幹の緩め方について


こんにちは飛鳥塾の中山です。

限りなく透明に近ずく体幹の緩め方について、体幹の鍛え方によって「身体操作に影響する」ということですので、 無闇矢鱈に体幹や他の部位を鍛えればいいということではありません。

身体の鍛え方というと、身体に負荷をかけて身体をいじめていじめて・・とイメージする人が 多いと思いますが、武術的な体幹の鍛え方というのは簡単に言うと「自然に沿って鍛えて操作する」と 言うことになります。

陰陽説の身体操作への用い方は、まったく異なる性質の物同士は「一体化」して使って 初めて能力を発揮するという論理です。全く相反する2つのもの同士が同じところに同時に存在します。
これは我々の身体だけに限らず、生活の中の一日だってもそうですね。

昼と夜、表と裏、右と左、前と後、上と下・・ 数えれば切りがありませんね。

この世はすべて相対的世界です。
2つの相反するものが一つになって1セットなんです。
どっちか片方だけでは、どう足掻いても何もできないんですよ。

だから武術は教えているんですね、 一体になりなさい。ってね。

ゴルフにも野球にもサッカーにも、もちろん格闘技にも体幹の必要ないものはないですね。
ゴルフこそ体幹!【電子書籍】[ 木場克己 ]

護身術マインド動画  限りなく透明に近ずく体幹の緩め方



限りなく透明に近ずく体幹の緩め方



 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の緩め方を誰もが知っていた時代」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾