体幹の作り方と基本動作習得法
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 プロフィール お問合わせ
動画で道しるべ 体幹基本習得法
  TOP >体幹の作り方と基本動作習得法
 
 

  体幹の作り方と基本動作習得法について

 


こんにちは、飛鳥塾の中山です。

武術の達人が繰り出す身体操作を真似ても、いきなり出来るようになるものではありません。 ですが、順序を追って一つ一つ身に付けていけば、誰もが習得できるようになります。

流れるような身体操作を行うためには、先ず体幹の使い方を覚えなければなりません。 そして、この体幹の使い方をマスターするためには、体幹を作るという訓練が重要になります。

体幹を作るためには、先ず体幹の3つの動作と3つの体軸の関係を理解する必要があります。 体幹を効率よく使うためには「前後、左右、捻転」の3つの動きと「中心軸、横軸、前後軸」の 関係を理解して訓練します。

1 体幹の使い方と体幹の「前後動作」
 3つの動作の一つで、ここでは「前後動作」を解説します。
2 体幹の作り方と体幹の「左右動作」
 3つの動作の一つで、ここでは「左右動作」を解説します。
3 体幹の作り方と体幹の「捻転動作」
 3つの動作の一つで、ここでは「捻転動作」を解説します。
4 体幹の作り方と「前回し運動」
 自分の体幹の前に縦長の楕円を両方の手でなぞるように回す。
5 体幹の作り方と「横回し運動」
 ローテイターカフ周辺の動きが「前回しと横回し」は異なります。

 

古くから武道や武術には、秘伝的かつ特殊な身体の使い方が存在しました。 これは他への漏洩を禁じた門外不出として、門人の中でも優秀な者に限って教えを許されていたようですが、 その教えたるや、師の動きの影を盗めと云われた抽象度の高い習得法でした。

今でも門派から秘伝の流出を嫌って、信頼の深い者にしか継承しない風潮にあります。 そのため、多くのセミナーや講座などでは「気やエネルギー」などと確証のない具体性に乏しい言葉を 使って、核心を意図的にぼかして解説しているように感じます。

6 体幹の作り方と「回し受け運動」
 体幹の捻転動作を使った「回し受け運動」についてお伝えします。
7 体幹の作り方と「足振り運動」
 3動作をフルに使った「足振り動作」を動画とともにお伝えします。
8 体幹の作り方と「振り突き」
 「振り突き動作」の身体軸は「中心軸と横軸」が主になる動作です。
9 体幹の作り方と「ムチミ動作」
 「ムチミ動作」の身体軸は「中心軸」が主になる動作です。

 

最初から「気やエネルギー」などの言葉を使って教えられても、初心者に限らず多くの人は 「身体の使い方や体幹の使い方」という基本的で具体的なことさえも誤魔化されたように感じて しまうのが、少なからず皆さんにもあるのではないのでしょうか。

確かに熟練度が上がっていけば「気やエネルギー」というものも理解せざるを得ませんが、しかし、そこに 至る前の初心者のうちから、このような抽象度の高い教え方では習得できる人も限られてしまいます。

私たちは、「気やエネルギー」の前に、現実的に体幹を使うための体幹の作り方を基本の稽古とし、 徹底して体幹を作って頂き、体幹を自在に使うことを習得しただけでも、これだけの身体操作ができると いうことを実感して頂きます。

10 体幹の作り方と「鞭手後方振り」
 「鞭手後方振り動作」は「中心軸の急停止」に伴う動作です。
11 体幹の作り方と「鞭手振り上げ動作」
 「横軸と前後軸」 更に「重力と抗力」に関して説明していきます。
12 体幹の作り方と「鞭手振り落とし」
 「鞭手振り落とし」の身体軸は「中心軸と前後軸」を伴う動作です。
13 体幹の作り方と「鞭手振り突き」
 「鞭手振り突き」の身体軸は「中心軸と横軸」を伴う動作です。

 

そのためには、先ず「体幹の3動作」を覚え、身体に落とし込むことが必要になります。 それでは、次回から早速「体幹の3動作」を一つ一つ動画と補足の文章で解説していきますね。


体幹の作り方と基本動作習得法
 
体幹の作り方と体幹の基本動作

 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「体幹の使い方と体幹の前後動作」に進む


Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾