[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 「体幹操作」体幹の作り方と鞭手後方振り
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP体幹基本習得法 >体幹の作り方と鞭手後方振り
 
 

  「体幹操作」体幹の作り方と鞭手後方振りについて



こんにちは、飛鳥塾の中山です。

体幹の基本動作の中で、体幹の3つの動作 [前後動作、左右動作、捻転動作] を理解した上で、次に体幹のこの3つの動作と 手足の末端の連動を、身体に覚え込ませることが重要になります。

今回は以上の3動作の主に中心軸の急停止を使った「鞭手後方振り動作」の 解説を動画とともにお伝えします。「鞭手後方振り動作」の身体軸は「中心軸の急停止」 に伴う動作ですので、ここでは「中心軸の急停止」に関して説明していきます。

要するに、発動機となるエンジンが体幹から発動して、その発動した力が 末端の手足に伝わって一連の動きになるわけですが、更に「中心軸に急停止を掛けて慣性の法則」 による大きな力を作ります。

ですが、一般人の身体の使い方は、エンジンが手足の筋肉そのものにあるため、いくら鍛えても 手足の筋力以上の力やスピードは出せない訳です。ましてや頼りにしていた筋肉主体のエンジンも 年齢とともに衰退の一路を辿っていく運命にあります。


今回は、「捻転と急停止の体幹力」を作るために「鞭手後方振り動作」 を動画と一緒に解説していきます。まず「後方振り動作」は「体幹の捻転動作」で 加速を付けて「体幹の急停止」によって、更に慣性の 法則で手先に重みを伝えます。

また、「中心軸の加速と急停止を同時に行う後方振り動作」 ですので、身体が覚えるまで何度も反復して行うことが重要になります。 まずは軸の急停止を意識しながら各10回ほど繰り返します。

次に、この「鞭手後方振り運動」を単に手先だけで振ったり筋力で振っても 「体幹軸と急停止」という稽古にはならず「慣性の法則」は 生じないので注意が必要です。

[慣性の法則] =止まっている物は止まり 続けようとし、動いている物は動き続けようとするエネルギー)


何度も言いますが、単なる手振りの運動になっては [体幹軸と体軸急停止] の 養成とは無縁の動作になってしまいます。この運動は「体幹軸を急停止させ慣性の法則」 を引き出すことを目的に行うわけですし、単なる腕の筋力のみに頼らない 「体幹の使い方」をマスターするために行う運動です。

この基本動作では、「体幹軸を急停止させ慣性の法則」を生み出すのが 主なのですが、上達して行くと段階的に意識やイメージも運動の中に組み込まれていきます。 が、今の時点では、まず動作を覚え、次に体幹軸の急停止を作り出す訓練を して行きます。

それでは下記の動画を参考に行ってみて下さいね。


 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト