体幹を鍛える運動 足刀関節蹴り
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP体幹操作の突き蹴り >体幹を鍛える運動 足刀関節蹴り
 
 

  体幹を鍛える運動 足刀関節蹴りについて



こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

元々、古来からの空手の蹴り技には [前蹴りと足刀関節蹴り] の2つしかなかったようです。 しかも、この2つの蹴り技も [中段よりも高い蹴り] はほとんど使いませんでした。

後になって、ムエタイをはじめ諸外国から格闘技の蹴り技などを取り入れた流派によって、 現在の [回し蹴りや後ろ回し蹴り ] などの派手な蹴り技が加わりました。

その頃の [琉球空手は試合などの競技空手] ではなく、琉球は薩摩藩の統治下時代だった ため、実際に [薩摩藩の武士が抜いた刀と素手] で戦ったという歴史もあるようです。

そのため、体勢を崩しやすい回し蹴りなどは使えなかったのだと思いますし、前蹴りや足刀蹴り などの蹴りも中段より高い位置を蹴ることはなかったようです。


試合などの競技ならば、 [高い蹴りをしてスリップダウン] しても、審判やレフリーが試合を ストップして、立ち上がらせてから試合続行になりますが、実戦の場合はそういう訳には行きません。 [スリップだろうが倒れたが最後] その場で命が消えてしまいます。

そういう理由もあって、古来の蹴り技には [上段などの高い蹴りは命取り] でもあったのですね。 その後、 [空手が平和的な安全なスポーツルール] が定められて、また観客への見せ方なども あって [ド派手な蹴り技などが普及] していったという訳です。

実戦では、ハイキックがもし外れてバランスを崩そうものなら [即命はないもの] と考えた ら決して、あのような高い蹴り技は使えなかったのですが、スポーツやゲームとして観るには面白い ので人気を集めているという訳です。


これも昔の話ではありますが、時代劇や映画の中で剣士が、まるで舞いのように舞って切り倒す シーンなどは、人を引き付けるための創作であって、当然ながら実際の戦いを再現したものではない ことは誰もが知っています。

しかし、そういう映画の世界ばかりを見せられると、人はそれが実際の場面だと錯覚してしまって 、そのような [華麗な動きを見せられる武術家を達人] だと思ってしまいます。

実際には、剣客同士が対峙した際に一番多かったのは [剣を鞘から抜く前に勝負] は 決まっていたと云われています。もしこちらが先に刀を抜こうものなら、一瞬閃光が走るがごとく刀を 持った片腕は刀と共に地に落ちて、再度二太刀目が上段に打ち込まれることを予測できれば、 刀は容易には鞘から抜けなかったということです。

ここから本題の [足刀関節蹴] 」に戻しますと、足刀や中足での関節蹴りは主にヒザ関節や 股関節、足関節などを狙うのですが、関節以外にも下段の急所である [内腿(内転筋)、外腿(長脛靭帯)、 スネ(前脛骨)、金的、膝下(ひざ裏)] などを狙って相手の動きを止めてしまいます。

この足刀関節蹴りに限らず、すべての [蹴りや突きなどの四肢の使い方] については、 [体幹の使い方がベース] にならなければなりません。 [体幹の使い方] ができて、はじめてすべての攻防が成立する訳です。

簡単に [体幹について解説] すると、骨盤部に位置する [臍下丹田] と 胸郭部に位置する [中丹田] この2つの丹田の使い方に基づいた [体幹の使い方] なのですが、詳細は他のページでも多く触れていますので、それらも参考にして頂ければと思います。

さて、 [足刀蹴りの蹴り方] ですが、ほとんどの空手では、足の小指側の側面を直線的に 蹴り込むように教わるのですが、私が主宰する [心身武道飛鳥塾の足刀蹴り] は、ヒザから下の下腿を 三日月状に旋回させながら、対象物に喰い込ませるように蹴り込みます。

これは私が [沖縄空手の源流に近い蹴り技] を習った際に、はじめて知った蹴り方で、 それ以来これまで身に付けてきた、すべての蹴りや突きなどを捨てて、新たに変革させた蹴り技 でもあります。

活字だけで説明しても解りづらい面が多いと思いますので、もしご興味あれば下記の動画も 参考に入れながら、是非、習得して頂ければ光栄です。

 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト