[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 「体幹操作」体幹の使い方 ”ザ前蹴り”
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP体幹操作の突き蹴り >「体幹操作」体幹の使い方 ザ前蹴り
 
 

  「体幹操作」体幹の使い方 ザ前蹴りについて



こんにちは、飛鳥塾の中山です。

空手の蹴りで最も基本になる蹴りが「前蹴り」に なります。なので、前蹴りを見ればその方の空手のレベルが解るとも云われるくらい基本中の基本 の蹴りなんですね。

「出処が同じ」と云われる意味は、最も基本になる前蹴りも足刀蹴りも回し蹴りも、 [出処は同じでなければならない] という意味ですね。

現代では、試合や競技のルールに基いた蹴りの形に変化しています。 [金的などを狙った蹴りは禁止] されているため、最初から大きく股を開いた派手な回し蹴りなどが多く、地味な前蹴りなどを 使える選手が極端に少なくなりました。


[出処が前蹴りの軌道] と同じで、途中から足刀や回し蹴りに変化する [出処が同じの蹴り方] をする人がほどんどいません。これも大会やゲーム中心の技への変化 なんだろうと思います。

私が学んだ古流空手では、「生か死かという前提」で技が成り立っていますので、試合形式の 股間を開いた回し蹴りは、 [相手にとっては絶好の隙] であり、また大きなチャンスでもあります ので、前足で一気に金的を蹴り上げられるという訳なんです。

古流空手の技は、先程も述べましたが、前提が「生か死」ですから、金的攻撃に限らず、 大会の試合のように決して無駄な部位は攻撃しません。常に人体の急所を 狙って突き蹴りを決める訓練を行っていますので、ターゲットを外す確率も極めて 低くなります。


[最も基本である前蹴りは、剣術で例えるなら上段の面打ち] と、同じだと言えるかも知れません。 蹴りでは、これほど重要な基本の蹴りなのですが、最近のスポーツ空手では 軽視されているのが非常に残念であり、もったいないことだと思います。

昔から言われていることですが、私は今でも「前蹴りを制する者は全ての蹴り を制する」のだという信念がありますので、前蹴りができるまで他の蹴りは覚える 必要がないとも思っています。

空手修行のレベルが見て取れるのは、蹴りでは「前蹴り」、突きでは 「直突き」だと云えますし、基本の中では、それだけ見ればその人のレベル がほぼ解ってしまいます。


レベルが解ると言っても、試合での強さが解るという意味ではありません。その方の空手への 情熱と造詣の深さとでもいいましょうか、[質の高さ]とでも申しましょうか。

逆に、空手の基本も理解してないのに試合には強いという人もいます。例えば、体格に恵まれてる 人とか、身体能力に優れている人などもそうですが、彼らは試合で強いがために基本的な突きや蹴り などを深く追求しない人が多いようです。

まあ、試合やゲームに勝てばそれでいい、と考えている人はそれでもいい訳ですが、 武道や空手を素直に追求しようと取り組んでいる方には、是非、基本の突きや蹴り を追求して頂きながら、その突きや蹴りを出すための「体幹の使い方」をも 研究するならば、その [精度は飛躍的に向上する] ことと確信します。

さて、体幹操作の前蹴りですが、ここでは「体幹操作に関する詳細」 は割愛しますが、前蹴りも例外なく他の蹴りや突きと同じで、体幹の操作で脚を 引き上げて体幹の操作で蹴りを急停止させ、慣性の法則を活用した重さを乗せた蹴り を放ちます。

野球の投手が投げる球を、速いけど軽いとか球が重いなどと表現するのを聞いたことは ありませんか?それは、身体の使い方であり [体幹の使い方] にあります。 野球の球と同じく、空手の突きや蹴りも「体幹の使い方」 一つで、突きや蹴りが軽くもなり重くもなるということです。

下記の動画も合わせて、是非、基本中の基本の「前蹴り」をマスターして下さいませ。


 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト