体幹コントロールスキル











 

体幹を鍛える運動 体幹捻転動作
 
身体操作能力を高める体幹の使い方

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 感想・問い合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 体幹軸ゴルフ教材 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP体幹基本習得法 >体幹を鍛える運動 体幹捻転動作
 
 

  体幹を鍛える運動 体幹捻転動作について



こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

体幹の動作には [前後、左右、捻転] の3つの動作があることは、 すでに説明したと思いますが、ここでは、その3つの動作の中の一つで、 [捻転動作] を 解説します。

下記の動画では立位で行っていますが、その時々によっては座位で行うこともありますので、 特に [座位、立位にこだわる必要] はありません。

捻転動作は、体幹の中心を軸に身体を左右に回転させる動作ですが、体幹の中心 をコマの芯に見立てて、その他の肩や腕などを交互に捻転する動作と覚えておいてもいいでしょうし、 でんでん太鼓のように腕を [体幹に巻き付ける動作] のイメージでもあります。


この捻転動作は、 [遠心力を作り出す] ためにも使う動作で、 [スワイショウ] などの 稽古法が有名ですね。

稽古の仕方のポイントとしては、まず [体幹の中心] を意識して 身体を左右に回す動作なんですが、これは単なる体幹の回転運動ではなくて、 [中心軸意識を養成する] 意味でもありますので、呼吸などもを合わせて行う場合も あります。

沖縄の古流武術にも同じ動作で [ムチミ] と呼ばれる先ほどの [スワイショウ] に似た でんでん太鼓のような修行法があります。

では、[動画を見ながら実際に動作] をしてみましょう。特に現代人はこのような体幹の 動作はほとんど行っていませんので、これを行うことで健康にも繋がって行きますので、 武道や武術、スポーツの目的だけに限らず、健康維持にも行ってみて下さい。

 
体幹操作の飛鳥塾師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 身体操作能力を高める体幹の使い方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト