「体幹操作」体幹の緩め方を身に付けること
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹の緩め方を身に付けることの利点
 
 

  「体幹操作」体幹の緩め方を身に付けることについて


こんにちは飛鳥塾の中山です。

「体幹操作」体幹の緩め方を身に付けることについて、身体操作の基本になっているのは「体幹の操作法」ですが、 体幹は胴体の部分で一つの塊で、内蔵を収納する容器程度の認識をしている人も多いようです。

獲物を求めてサバンナを疾走するチータなどの野生の猛獣が走っている姿を想像してみて下さい。

ロバや牛などのように4本の足を使って動いているのではなく、胴体(体幹)を波打たせて走っていますよね。

速く走ることのできる動物は、4本の足で走るのではなくて体幹から起動して走っているのです。

世界最速のウサイン・ボルトの走り方も体幹を前後して体幹の力を脚に伝えているような走り方ですよね。

しかし、体幹は本来力や動作の起点にならなければならない場所だと言っても、中々理解ができないのが 普通の人なのですが、理解しマスターすると手足で操作していた頃からは想像もできない程の合理性と パワーを含んだ人間離れした力に驚きます。

体幹から起動させるという使い方が身に付くと、 受けも突きも蹴りも投げも、全ての動作が このような使い方になります。

体幹のインナーマッスルを鍛えるゴルフスイング練習用バット。
MIZUNO 素振り用バット(ゴルフ) 45LW10001

この受けの稽古も体幹の中心から操作しています。

体幹操作の動画  体幹の緩め方を身に付けることの利点

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座の紹介です!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 意外にも多くのお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/非売品」⇒ この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト