「体幹操作」体幹の緩め方はムチミを使って習得
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹の緩め方はムチミを使って習得する
 
 

  体幹の緩め方はムチミを使って習得するについて


こんにちは飛鳥塾の中山です。

体幹の緩め方はムチミを使って習得するについて、身体の中心軸を起点にして体幹をコントロールしていくトレーニングに なりますが、この養成法を琉球武術では「ムチミ」中国武術では「スワイショー」などと呼びます。

古くから武道や武術に伝わる東洋的、日本的な身体の使い方で、 古来からの抽象的だったり漠然とした教えの中で学ぶのではなく、 論理的に分析をし研究され、「体幹をどう使って、どう動かせば」 あのような「達人のような動き」が繰り出せるのかを、 学問的に解りやすく纏め、確立させて指導しているのが 私たちが「体幹操作」呼んでいる「科学的な学習理論」なのです。

一般的には、体幹は主に内蔵などの体の重要な器官を収納している器として 認識されていますが、この体幹部を自分の意志でコントロール できるようになると、スポーツや武道などの基本的な身体能力飛躍的に高めることが可能になります。

他にも、ダンスや舞踊などの繊細に身体を使う分野でも 「体幹をコントロール」できるか否かで、そのレベルも格段に 違ってくることは体験的にも論理的にも実証されているのです。

昨今、流行りの体幹トレーニングとの大きな違いは、 体幹トレーニングの場合は、体幹内部のインナーマッスルや 体幹深層部の筋肉を強化するというイメージなんですが・・

体幹操作は、体幹内部のインナーマッスルを強化すると同時に、 体幹部を自在に操作して直接使う手足に、その力を伝えるという 体幹を精密にコントロールするスキルなのです。


つまり、

「体幹の自在なコントロールを目的」にするものです。
体幹操作の基本から段階を踏んで「一流や達人への道」に 至る流れは以下のようになります。

1、体幹操作(基本)
2、体軸の養成(意識)
3、慣性の使い方
4、極性の使い方
5、空間の使い方

このような流れになりますが、

先ずは、基本をマスターすることが最重要になりますし、 基本だけを習得しても、普通の身体の使い方とはかなり違った、 一般の使い方を、既に「超越した体幹の操作」を習得しているでしょう。

体幹操作の琉球武道、武器術の基礎を学ぶ。
國際琉球古武道與儀會舘 琉球古武道武器術 初級篇

それでは「体幹操作を基本」にした動画をご覧下さい。

 体幹の緩め方はムチミを使って習得する

 
体幹操作飛鳥塾 師範おすすめの護身術は如何ですか?

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人がニュースでも報道されています。 そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 多くのお問い合わせを頂いています。

 
オリジナル特典動画 「基礎講座/非売品」をプレゼント!
 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト