今と昔の学び方の違いを学ぶ意味
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

   今と昔の学び方の違いを学ぶ意味と理由・・
    武道・スポーツ・日常生活・今と昔の学び方
     心身を同時に鍛えて使う秘伝のスキル習得サイト。

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >今と昔の学び方を学ぶ意味って?
 
 

  今と昔の学び方を学ぶ意味って?について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[今と昔の学び方を学ぶ意味] について、琉球古流の空手には [学び方と教え方の奥義] が残されているそうです。

[3年掛けて師を探せ、3年掛けて弟子を探せ] と言われるように、今の時代のように ビジネスで金を貰って人に教えるのとは違って、[誰れ彼構わず弟子にはせず] 弟子になるための 能力も問われたということうです。

しかし、今の時代すべてがビジネス風ですので、金さえ出せば教えてくれるという風潮で、 [金を払ったんだから解るように教えてくれ!] と言わんばかりの態度で受講する者は、 さすがに武道関連の稽古にはないと思いますが。

世の中の風潮として、それに類似した態度で学びに来る者は、昔より増えたように感じるのは 私だけではないようです。

武道修行だけに限らず、 [学ぶこと、教えること] について、昔と今とでは大きく変わった ようにも思いますが、様々なジャンルで指導されている方はいかがでしょうか。

昔がいいのか、今がいいのかは、それぞれの感じ方で違うと思いますが、個人的には、 今の先生と生徒がお友達という関係より、昔のようにある程度、徒弟制度のようなものもあっても いいのかなと思っています。

練習用のヌンチャクの画像はこれ!
カンフー武具・龍柄ソフトフォームチェーン製練習用ヌンチャク

護身術マインド動画  今と昔の学び方を学ぶ意味って?

 
 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト