「体幹操作」三軸の前後軸&体幹運用法
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP >「体幹操作」三軸の前後軸&体幹運用法
 
 

  「体幹操作」三軸の前後軸&体幹運用法について

  
こんにちは、飛鳥塾の中山です。

「体幹操作」三軸の前後軸&体幹運用法について、体幹操作の左右の動作を更に精密精妙にして行く目的があります。

それと訓練の意味としては、軸のイメージで意識を鮮明にすることによって「心と体を強固に繋ぐ」 「体幹の左右動作」を更に精密な動きにするために「前後軸」の明確な意識を 体幹の中に刷り込んで行く作業をお伝えして行きます。

前回、「体幹の前後動作」の基礎訓練を行う際、「体軸は横軸」でしたが、 今回は「体幹の左右動作」の基礎訓練になりますので「体軸は前後軸」に なるということは、もう理解できるとは思います。

「体幹の左右動作」をしながら、「臍下丹田の中心」の前後を貫いている 「前後軸」を回転させるイメージで骨盤が左右交互に持ち上がるような 意識で行いましょう。


「心が身体を導く」という原理原則がありますので「体軸の養成訓練」は、 あくまでも「前後軸」の意識を伴って行わなければあまり意味がありません。

他でも書きましたが「体軸意識」の養成ですから身体だけを何も考えずに 動かしても効果的な上達法ではないと思います。

これは、スポーツや他の身体運動にも言えることではあるんですが、 肉体だけのトレーニングよりも、意識を伴ったトレーニングの方が、 効果を考えた場合の「運動能力の上達」は遥かに優れています。

でも、人は何も考えずに肉体だけを動かしていた方が非常に楽なので、 あまり「考えたり意識したりするのが苦手」の人が多いのです。

逆に云うならば「頭を使ったり」「意識を使ったり」できる人は、 少数派に属しますので、高確率で何かで成功する人だという訳です。

話が脱線しましたが、この「意識を強化」できるか否かで「達人の域」 に到達できるかどうかということも「意識を強化する」ことに掛かっています。

難しい話になりましたが、ここでは「前後軸」を理解して下さい。

「護身術に必須の身体操作」を習得するためには、先ずは「体軸意識」を 自分の中に刷り込んでいかなければなりません。

それが「相手が抵抗できない力」を養成するということになるのです。

皆さん最初は、いつも使わない脳を沢山使いますので「脳疲労」を起こしたような 感じになるかも知れませんが、それは「脳を活性化」しているのですから そう思って一緒に頑張って行きましょう。

「体幹の使い方 動画」
 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座の紹介です!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 意外にも多くのお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/非売品」⇒ この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト