[体幹操作] の心身武道 飛鳥塾

 









 「体幹操作」最後は体幹運用法に決定
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP >「体幹操作」最後は体幹運用法に決定
 
 

  「体幹操作」最後は体幹運用法に決定について

  

こんにちは、飛鳥塾の中山です。

[体幹操作 最後は体幹運用法に決定] について、 一般的な格闘技としてはやはり相撲が最強でしょう。 土俵やルールを無視した場合、要するに [殺るか殺られるかの極限での強さは護身術] だと 思いますが、その理由は命を守るための [致命的な急所だけを狙う技] が多い事が最強として 上げられますね。

[護身術とは] 、自分の身を守る技術だということは誰もが知っています。 しかし、武道や格闘技の試合での強さと護身術を混同している人が非常に多いように思います。

「えっ!違うの?」 このような声が聞こえて来そうなくらい皆さん [護身術と 格闘技の試合との違い] を混同しているのです。

分かり易い違いからお話ししますと、格闘技の試合で、か弱い女性が 怪力の大男に勝つことは可能でしょうか?

格闘技の試合で一般の女性が勝てるなんて100%不可能ですよね。 護身術の場合、格闘技の選手が暴漢から路上で身を守れるとは限りませんが、しかし・・ [か弱い女性でも暴漢から身を守ることが可能] になるのが 護身術なのです。


お解りでしょうか。
格闘技や武道の試合と護身術には、これほどの違いがあるのです。というよりも全くの別物と 言った方が近いかも知れませんね。

昔、沖縄で発祥した琉球空手は、様々な歴史的迫害や統治される運命の中で 密かに発展し「我が身を守る拳」として磨かれて行きました。

薩摩の統治下時代も、薩摩示現流の剣から如何にして空の手で身を守るか、を当時の琉球空手は 研究し、そして「一撃必殺の技」をも編み出して きたのです。

ですから、当時の空手は柔らかい動きと思えば、「突然急所に一撃」を入れる 一撃で倒せなかったら二手目は無いものと思えと、私も教わった事がありました。

[一撃で倒さなければ二手目は示現流の剣の一振りの下で絶命] するしかなかったから [一撃で倒すための人体の急所] を研究したのです。

話しが横道に反れてしまいましたが、昔の武術は確かに護身術として使われて いましたし、元々は護身のための技術だった訳ですね。

しかし今の武道のほとんど全てが [急所攻撃や危険な武術の技は封印] しました。 ということは、安全で相手を倒せない技だけ、しかも武器を持たず素手のみで 勝負をしなければならない。これが [現代武道であり格闘技] なのです。

しかし、平和な世の中では安全やルールが基本にならなければならないので このようにスポーツ的に変って行くしか生き残る道はなかったのでしょう。

武道武術は、このようなジレンマの中で存続して行く道を探さなければ ならなかった訳なんですね。

「小よく大を制す」などという言葉は昔の武術の話であって、 今の試合では、その片鱗さえも見えなくなった<と嘆く方もいらっしゃいます。

所で、人気のない夜道を歩きながら、[ふと不安になった時] はありませんか? 彼女とデート中に夜の街にたむろする不良どもに「恐怖感を感じた」といった ことはありませんか?


誰しもこのような経験をしたことはあると思います。 でも、もし [最悪の事態になった時に自分の身を守り、愛する人を守れる] という「根拠があれば」 こういう不安も激減してしまうのではないでしょうか。

武道で自分の身を守れるようになるためには、何年も稽古をして一定レベル の技を身に付けなければなりませんし、武道の精神など内面的な修行も 身に付けていかなければなりません。

そうしてやっと、「実際に実戦の場で使えるレベル」になるのだと思います。 武道の有段者が街のチンピラに負けてしまったという話を耳にします。

その有段者が弱すぎたのか、チンピラが強すぎたのかは解りませんが、 まず、言えるのは「道場稽古と実戦」とはまったく違うということです。

一番の違いは、[実戦の場合は素手とは限らない戦いだという覚悟] が出来ていないという事と、 武器を持っていたらという不安と恐怖の過緊張状態。

もし、相手が武器を持った時、しかもどんな武器を出してきた時など最悪の 状態に対する準備が、心にも身体にも備わっていたらどうでしょうか。

護身術とは、必ずしもどう戦ってこう勝つための技術ではありません。 それは最終手段であって、目的は「緊急避難」をすることなのです。 「危険を避ける技術」と言った方が解り易いかも知れませんね。

極端な言い方になりますが、相手から自分や人の命を守るためには 「相手の目を潰すことも、小指を折ってしまうことも、金的を潰すことも 場合によっては相手を殺すことも覚悟」しなければならないのです。

これが護身術と格闘技試合の大きな違いとも言えますね。 このような事が出来て、自分や人の命を守ることができるようになるためには、 身体の動きで、「こうしてああしての技術」だけでは守れません。

その「恐怖に打ち勝つ内面の強さ」が何よりも 重要なのが護身術なのですから。

「体幹の使い方 動画」
 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座ご紹介!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト