「体幹操作」報道されなかった体幹運用法
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP >報道されなかった体幹運用法
 
 

  「体幹操作」報道されなかった体幹運用法について

  
こんにちは、飛鳥塾の中山です。

「体幹操作」報道されなかった体幹運用法について、臍下丹田に心を鎮めながら行う呼吸法ですが、これは武道の内面を 明鏡止水の如くに修行する際に行う瞑想呼吸法です。

武道武術には、心の状態と身体の動きを一致させることが重要になります。

心の状態が欠けても身体の動きが欠けても武道武術の修行にはならないということですね。

身体の使い方では、体幹の動きに「3つの基本的な動き」がありますが精密な動作を行っている 「一流のアスリートや武道の達人」などは、この3つの動きが基礎的な体幹の 動きとして創り上げられ、その体幹から発生した力を末端である手足に 伝えて人や物に作用させているのです。

他でも書きましたが、手足などの末端の動きはすべて「体幹のから発する動き」 でなければなりません。

なぜなら、それが「達人と凡人」を分ける体幹操作の基本原理だからです。

体幹に特化して考えてみましょう。

体幹は「生命維持に大切な臓器」などを収めるBOXという認識が強いと思うの ですが、これを「体幹の使い方」という見地で考えてみると、本来体幹には 臓器の収納庫と同じくらい大切な「動きの発生源」があったのです。

現代の私たちは、その体幹を使うということを身体が忘れてしまっています。

サバンナを疾走するチータの走る姿をテレビで見たことがありますか?

荒野を物凄いスピードで走る野生の動物などの足や手はボディービルダー のように筋肉隆々でしょうか? そうでもないですよね。

走っている姿はまるで「胴体(体幹)が大きく波を打ってる」ようですよね。

実は、この動物が疾走している波を打つような「体幹の動き」「体幹操作」の 基本的な動きの大きなヒントになるのです。


まず、「体幹の構造」に関して少し解説をしようと思いますが、解剖学を少しでも 勉強したことのある人なら解ると思うのですが、まず胴体(体幹)の骨格は 大きく分けると、「骨盤と胸郭」に分かれます。

「骨盤」は上体を支えるのに加え、生殖器や腸などの重要な臓器を収納するため 腸骨と言われる耳状の大きな左右2つの骨に守られています。

それと同時に、骨盤の中心部には昔から「臍下丹田」と呼ばれている人体の 動きの中心になってなっている重要な部分でもあります。

「体幹操作」でいうと、この「臍下丹田」がすべての力の発生源になると 私たちが理解している最重要な部位でもあります。

次に「胸郭」は、これも12本の肋骨によって肺を始め心臓などの重要な 臓器を収めて守っている場所になります。

「体幹の動き」でいいますと、臍下丹田を発生源とした力を手に伝えるための、 ここも「重要な中継点」になるのです。

この「胸郭」の中央には、これも昔から「中丹田」と呼ばれる最も重要な一つとして 伝えられている「臍下丹田呼吸法」と共に「身体操作」の要になる部位です。

さて、「体幹操作」のための重要な構造に関して書きました。

要は、「これらを如何に使うか、如何に操作するか」なのですが、 その解説は次にするとして、ここでは2つの最重要拠点を覚えて下さい。

体幹の使い方 動画「報道されなかった体幹の運用法」

 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座の紹介です!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 意外にも多くのお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/非売品」⇒ この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト