体幹の運用法 捻転動作
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹操作とは 護身術の考え方 動画で道しるべ プロフィール お問合わせ
  TOP >体幹の運用法 捻転動作
 
 

  体幹の運用法 捻転動作について

   
こんにちは、飛鳥塾の中山です。

体幹の運用法 捻転動作について、中国武術ではスワイショー、琉球武術ではムチミなどと呼ばれる 訓練法がありますが、これは背骨付近を軸にして身体をでんでん太鼓のように捻転させて、脱力した両腕を 体幹に巻き付けるイメージで行います。

体幹の動きを「前後の動作」「左右の動作」とお伝えしてきましたが、 次の3つ目の動作は「捻転動作」になります。

この基本の「3つの動作」を習得すると身体の複雑な動作もこの3つの動きが 中心になって動くようになりますので身体の中心からの動きになります。

今回の「護身術に必須の身体操作」に必要な「体幹操作」の中の 「体幹の捻転動作」について解説をしたいと思います。

この「体幹の捻転動作」の稽古法は、太極拳などの中国拳法では「スワイショウ」 琉球古流武術では「ムチミ」と呼ばれる訓練法があります。

これは体幹を捻転させる動きになりますが、「体幹を筋力で捻る」というよりも 「デンデン太鼓」のように左右に自然に回転させるというのが近いと思います。


これは「回転力や遠心力」を使う時の使い方ではありますが、ただ単に捻る のではなくて、「体幹が自然な形で回転する」というイメージでしょうか。

「護身術に必須の身体操作」には、自然の法則を活用した「遠心力や求心力」 の応用で動く円の動きがありますが、一方、地球の「重力や効力」を活用した 上下の動きなども身に付けることが出来ます。

これらの動きの活用法は、先ずは「体幹操作の3つの基礎動作をマスター」 することが必須になりますので、ここでは「体幹の捻転動作マスター」して 頂ければ、これだけでも「達人への基礎」は出来ると言ってもいいでしょう。

後に出てきますが、「中心軸」などの体幹操作をより精密にするための 「体軸」という「軸」の概念との関連も深い関係にありますので、ここでは先ず、 「体幹操作の捻転動作」をしっかり理解して下さいね。

「体幹の使い方 動画」


軽量木刀、初心者素振り稽古用の画像はこちら。
素振木刀 桐木刀(200g以下)素振り用木刀

体幹の運用法 捻転動作


 
この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した動画講座の公開です。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。




☆身体操作 TOPに戻る
☆体軸基本「体軸トレーニング&体幹の運用法」に進む

Copyright © 2015 身体能力アップ体幹の使い方 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾