「体幹操作」三軸の横軸&体幹運用法
 
身体能力を高める体幹の使い方


 
トップページ 体幹の使い方 体幹操作と護身術 プロフィール 体幹操作問い合せ
体幹操作道しるべ 体幹操作基本 体幹操作の突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >「体幹操作」三軸の横軸&体幹の運用法
 
 

  「体幹操作」三軸の横軸&体幹運用法について

  
こんにちは、飛鳥塾の中山です。

「体幹操作」三軸の横軸&体幹運用法について、体幹操作の動きをより鮮明にするために行うための横軸の意識ですが、 体幹の三動作をさらに精密にするためで、軸を意識することによってより意識を鮮明にしていきます。

「体幹操作の三動作」をより精密にするために「体軸意識」を高めて その意識をより強化して繊細な動きを創り上げていきます。

今回は「三軸意識」の中の「横軸の意識」を明確化して行くため 「体幹操作の前後の動き」「横軸意識」を重ねて体幹操作を 行うための訓練法をお伝えします。

ここでは「静坐法」で説明しますが、立位でも椅子に座ってでも 出来ますので「静坐」に拘ることはありませんが、「静坐法」が基本です。

まず静坐をします。

例えば「体幹の前後動作」「軸意識」について解説して見ると、 先ず骨盤の左右を手で触れて見ると、左右ともに出っ張ってる骨 触れると思います。

その出っ張った骨が「大転子」と言って大腿骨の骨頭が「股関節」に入る 手前の少し内側に曲がった部分で、この数センチ上方に「股関節」があります。

この「股関節」の位置を左右に水平に通ったラインを我々は「横軸」と 呼んで、「体幹の前後動作」をする時の「軸になる部位」としています。

その「横軸」が通るライン上の中心に「臍下丹田の中心」が存在するという訳です。

「横軸」の位置が解ったら、その軸を起点にして体幹を前後に動かすと 「骨盤自体が前後に転がっている」というイメージが感じれると思います。

体幹(背骨)が前に反る、体幹(背骨)を丸めるという動作を繰り返しながら 「横軸が前後に回転」している意識を掴んで下さい。

こうして「体幹前後動作」の波と「横軸」の回転が融合して行くようになるまで 訓練をして行く訳ですが「動作と意識」を一体化させることが目的なのです。

要するに重要視すべきは「意識の明確化」が目的だということですので、 「意識を優先的」にしながら「体幹の前後動作と横軸」のトレーニングを 行って一体化の感覚を味わってみて下さい。

最初は、使わない脳を沢山使いますので「脳疲労」を起こしたような倦怠感が 出るかも知れませんが、それは「脳をトレーニング」し、活性化していのだと 思って是非マスターして下さいね。

「体幹の使い方 動画」
 
「体幹操作」飛鳥塾師範おすすめ 護身術講座の紹介です!

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中、「護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?」という 意外にも多くのお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですが、プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/非売品」⇒ この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。
 
「オリジナル限定動画」を、どうぞお早めにお受け取り下さい。



Copyright © 2015 「体幹の使い方」で達人の技を解説 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト