脳内革命を起こす体幹の使い方
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

   脳内革命を起こす体幹の使い方をする理由・・
    武道・スポーツ・日常生活・脳内革命を起こす
     心身を同時に鍛えて使う秘伝のスキル習得サイト。

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >脳内革命を起こす体幹の使い方
 
 

  脳内革命を起こす体幹の使い方について




こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[脳内革命を起こす体幹の使い方] について、医学的に解説するならば 私より医者の方が詳しいのですが、ここでは伝統的に、また私自身の体験を通してお話ししたいと 思います。

まず、私たちの稽古は [身体全体を統一することと体幹をコントロール] することから 始めます。

体幹をコントロールするといいますと、体をこう動かして、ああ動かしてという 具合に目に見える肉体的な動きにばかり目が行くと思いますが、しかしこれは [意識やイメージと いう見えないものとの戦い] だとも言えます。

もう、この基本的な段階から [脳と身体の仕組みを使って体幹をコントロール] する基礎を 身に付けるのですが、これらの脳や意識を操作する訓練のレベルは、まだまだ序奏にしか過ぎない のです。

 

あなたは [極意とは意識を極める] ことだと知ってましたか?

 

基礎の段階で脳と身体の仕組みに慣れておかないと、後後の [本格的な脳と意識] の トレーニング] にはとてもついて行けなくなってしまいますし、皆な脳疲労を起こして肉体労働よりも 疲れてしまうことになるのです。

まさしく、 [極意とは意識を極める] ということなんです。 これらを医学用語にすれば [錐体街路神経系] に近いと言われる言葉があります。

簡単に言えば、これはパーキンソン病などに用いられる用語で脳が身体の機能を コントロールできなくなってしまう状態を言うようです。

もし、脳に何らかの情報を瞬間的に与えられれば・・相手の身体を居着かせてしまって 自分でコントロールできない状態にしてしまうこともできるのではないでしょうか。

まさに現代医学にも通ずる「脳と身体の仕組み」とも言えるものを古来の武術は発見して いたのかも知れません。

護身用のグッズにはこんなものもあります。 誘導棒 LED 超高硬度 誘導灯 35cmタイプ 点滅

身体操作動画 「脳内革命を起こす体幹の使い方」

 

 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト