武道の先の先を読む心身の統一法
 
  体幹を鍛えるトレーニング術


   武道の先の先を読む心身の統一に学ぶ理由・・
   心身を同時に鍛えて使う秘伝の習得サイト

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
Amazon出版本 只今教材の準備中 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >武道の先の先を読む心身統一法
 
 

  武道の先の先を読む心身統一法について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[武道の先の先を読む心身統一法] について、 [先を取る] というと、 相手の心の動きを把握できるまで自分の心を静かにして、相手の心が起こった瞬間を捉えること。 などと、教える先生がいますが、恐らくその先生は「先を取るという意味が解っているのか」 という疑問が出てきます。

なぜなら「相手の心が起こった瞬間」を察しても、それはもうすでに後手になっていると いうことにほかなりません。

冒頭からすみませんね、私も長い間このような言葉で教えられ続けて来て、私自身ずっと 心の中は混乱していました。

しかし自分自身が [先を取る原理を理解] してしまったら、嘘ではないが、このような 誰もが理解できない言葉でしか伝えられないという人は、ご自身が身体に落とし込まれて いないのではないかと思ったのです。

[じゃあ、お前が述べてみな!] と聞こえてきそうですが、しかし核心をここで書く訳 にはいきませんが・・

書いたとしても文章だけで理解しマスターするレベルではないと思いますし、もし解かれば天才 だと思いますが、文章で書いたことが誤解して受け止められる危険もありま。

でも、ここで [先を取るためのヒント] を少しだけ書いてみますね。

さて、「先を取る」ためには、明鏡止水のごとく心を静かに鏡のように相手を映すなどと 言われていますが、 [果たして命のやり取りの中でそのような無の境地] になった静かな心の 状態を保持することができるでしょうか。

 

[先を取る] は相手の心を読んで・・これ既に [後手後手]

 

私は、この [無の境地を求めて] 様々な修行を長年行なってきましたが [無の境地] とは行かないまでも、これが [心身を統一した状態] かと悟るまでは感じたこと があります。

しかし、先人が言うように「無の境地」に入って相手が自分の心に映るように 静かな心の状態、云わば [明鏡止水の状態] にならなければ [先を取る] ことはできないのか ということにも疑問が残ります

私は「身体操作」により、相手の心理に働きかけて相手を一瞬居着かせる 「心法」によっても「先を取る」ことができることを突き止めました。

世で言われるように、相手の心の動きを映し出すかのような「無の境地」になるまでには 相当の修行や年月を要しますし、もしかすると死ぬまでその境地には至らないかも知れません。

しかし、 [相手の心理に働きかけて先を取る] ことは簡単とは言いませんが [無の境地] に至ることに比べれば、それ程難しいことではありません。

私たちは、 [体幹操作の基礎から体軸の養成] と言うように基本的な 修行を行ってきた過程で、自然と意識の力やイメージ力などが一般人よりも鍛えられている ことは自他ともに理解しています。

その修行の中でも、 [相手の動きを心理的に導いたり止めたりする] ような能力も自然に 身に付いて来ているという訳です。これは特別な人だけができるということではなくて、このような 訓練や修行によって、誰もが身に付いて行くことが出来るものです。

「先を取るという力」は、特別なものとしてではなく、修行の過程で自然に身に付くのです。 なぜなら、私たちの修行は [体以上に心や意識などの内面の力を要する修行] が圧倒的に多い し、それらが主になっているからです。

結論を書きますと「先を取る」とは、仮にも相手の心の動きを読んだとしても、それはもう 既に [後手の動き] になってしまっているということです。

これでは「後手を取る」ことと同じですので、こちら側から相手の心を止めるという 働きかけが必要だということが、重要なポイントになる訳ですが・・少しはヒントになりました でしょうか?

まとめますと・・
「先を取るための修行」とは、相手の意識や心を先に読んで、その上で動くと 思われていますが、これはもう既に「後手の動き」になってしまっている訳ですね。

「先を取る動き」とは、こちらから先に意識なり身体なりで仕掛けて、相手の意識や 身体を導いてコントロールするというのが本当のところです。これなら読んで字のごとく 「先を取るための修行」になりませんか。

トレーニングで身体に負荷を掛けたら、その後のストレッチやケアの方がずっと大事です。 トリガーポイント マッサージボール ヨガ トレーニング フィットネス ストレッチ

護身術マインド動画  武道の先の先を読む心身統一法

 
 
「体幹操作法」 出版書籍、教材の案内

「体幹操作法」に関する電子書籍や自分一人でも習得できる具体的な練習法が解る電子教材などをご紹介しています。
従来のスポーツ理論や運動能力に関する考え方とは、一線を画した論理で解説する日本の武術に受け継がれてきた「地球の重力と身体」を一致させて使う極意の公開です。


「奇跡のチカラの謎を解く 体幹操作法」を、Amazon kindoleストアから電子出版しました。地球の重力と自分の身体を一致させる身体の使い方・・地球上に生きる私たちは、この地球の重力に沿うための身体を得たとき、初めて本来の奇跡のチカラを引き出すのです.





Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト