知識ではなく身体意識レベルの習得
 
  体幹を鍛えるトレーニング術


   知識ではなく身体意識レベルで習得する理由・・
   心身を同時に鍛えて使う秘伝の習得サイト

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
Amazon出版本 只今教材の準備中 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >身体意識レベルでの評価方法
 
 

  身体意識レベルでの評価方法について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[合気道や空手の護身術] に限らず、道場で行う護身術には [形骸化した形だけの護身術] が多いように感じています。護身術とは、ある面殺るか殺られるかという命懸けの一面 があります。

華麗さを見せる演武のように、美しくても複雑な技は命懸けの現場ではとても使えません。 極端に言えば、相手が何をしてきても基本は同じシンプルな技しか実際は使えないのです。

武術では「意識で中心に入る」と言ったりするのですが、[中心に入る] とは、自分の中心 と相手の中心を繋ぐことでもあります。

これを行うには「意識や内面の強化」が必須にはなるのですが、強力な意識で相手の中心に 入ると、それだけでも [相手の潜在意識] は何かを感じて僅かながらでも動作に現れます。

そして相手は中心を取られたまま、中心を挙げられてしまうと重心が浮いた状態になって しまって、こちらのコントロール下に操られてしまうのです。

武術とは無縁の人がこういうことを聞くと、「荒唐無稽の話し」と一笑されてしまいそう ですが、人間の深層心理というのは不思議なものでこのような [荒唐無稽] に思えることも起こって しまうのです。

 

あなたは [相手を無力化する] って本気で信じられますか?

 

「先を取る護身術」と、わざわざ言わなくても [先を取る] ことをしないでは護身術など 実際の場ではほとんど掛からないし役に立たないのです。

「先を取る」ということと「相手に入る」ということは、ほぼ同じだと考えて 頂ければいいのですが、[相手に入る] ということは、相手の中心に意識で入るということだと 先程もお伝えしました。

「相手の中心に入る」とは、「相手を無力化」の状態にしてしまうことなので、 相手はほとんど抵抗ができなくなってしまいます。

本来、相手や敵をこのような状態にして護身術や技を掛けないと「技というのは掛からない」 と言っても過言ではありません。

従って、技と称する力ずくの技は稽古や練習では掛かっても、命懸けの現場においては役に 立たない場合が多いということも事実なのです。

ですから本当に使える技やテクニックを身に付けるならば、以前に体幹の使い方 や体軸を養成することを身に付けなければいけないのですが、現代は昔のように生き死にの勝負を する時代ではありませんので、そこまで考える人は少ないという訳なんです。

しかし、本当の意味で護身術もしくは武道を極めるのであれば、やはりこの身体の使い方 や意識の使い方は必須事項になるという訳です。

ですから、これらを求めてこられる方のほとんどが [武道や武術を極めたい] と言われる方 や実際のアスリートの方なら頂点を目指されている方たちが多いのです。

まとめますと・・
「先を取る護身術」とは、護身術の技やテクニックを身に付ける以前に 身体の使い方や意識の使い方を身につけた方が良いということです。

学校やお店などに暴漢が暴れた時、これがあれば取り敢えず確保! さすまた アルミ 防犯!スタンダードさすまた 刺股 サスマタ

護身術マインド動画  身体意識レベルでの評価方法

 
 
「体幹操作法」 出版書籍、教材の案内

「体幹操作法」に関する電子書籍や自分一人でも習得できる具体的な練習法が解る電子教材などをご紹介しています。
従来のスポーツ理論や運動能力に関する考え方とは、一線を画した論理で解説する日本の武術に受け継がれてきた「地球の重力と身体」を一致させて使う極意の公開です。


「奇跡のチカラの謎を解く 体幹操作法」を、Amazon kindoleストアから電子出版しました。地球の重力と自分の身体を一致させる身体の使い方・・地球上に生きる私たちは、この地球の重力に沿うための身体を得たとき、初めて本来の奇跡のチカラを引き出すのです.





Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト