重力に逆らわず超能力を発揮する
 
   飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 無料メルマガ登録
  TOP「体幹操作」道しるべ >重力に逆らわずに超能力を使う方法
 
 

  重力を制して超能力を使う方法について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[重力を制して超能力を使う方法] について、部屋中、様々なトレーニング器具を揃えて 鍛えている人、ダイエットしている人、目的は達成できましたか?

器具を使って身体を鍛えたりダイエットをしたりも非常に大切ではありますが、 もし、あなたが何かのスポーツを頑張っているのなら耳よりの話をしていきますので聞いて 下さい。

様々な場所で機会あるごとに書いたり話したりしていますので、何度も同じ事を言うな!と、 怒られそうですが、大事なことなので何度でも書かせて頂きます。

それは、「人間の最大能力は人間単体では発揮されない」という意味の話です。例えば、 人間の肉体的な能力を最大限まで強化できたとしても、その肉体を空中に吊られた状態にされたら、 その鍛えられ強化した肉体は、ほとんどその力を発揮することはできません。

これは何を言いたいかと申しますと、私たち人間は地球の表面である地上から離れてしまったら 持っている身体の力をほぼ使うことができない、ということを話させて頂いてる訳なんですが ・・

大地に足が着いて地球の表面に立っているから、私たちの身体の能力は発揮されるという ことなんですが「そんなこと解りきってることだ!」と、またお叱りを受けそうですね。

もし、地球に立つという立ち方によっても、私たちの身体の能力にでるのなら、この地球に立つための 「より良い立ち方」があるのではないだろうか。

「もっと身体を最高度に使うため」に、地球と私たち人間の関係性に、もっと深い意味が あるのではないだろうか。私たちは [最高度に身体を使うための立ち方] をしているのだろうか。 もっと [地球の自然の法則や原理] と深く繋がってもいいのではないだろうか。

そう考えて行くと、私たちの身体や能力は地球や自然の原理ともっと深く繋がっていて、融合し 一体化して、はじめて [最高のパフォーマンスを出せる] のではないかとも思うのです。

 

あなたの身体が地球の重力に沿い自然の原理にマッチした時!

 

昔から武道武術は「地球の重力などの理論」自体は定かではなくても、感覚的にこのような 事に気付いていたのだということが、今に伝えられている術理からも伺い知ることができると 思います。

様々な武術の技やテクニックが伝えられ残されていますが、その殆どは形骸化し形だけの伝承にも 見えますが、それはそのテクニック以前の身体の使い方に問題があるから だと思います。

冒頭にも書きましたが、「人間の身体は単体では能力を発揮できない」ということに 繋がっていきますが、「身体が地球の重力に沿い地球の原理や法則」を私たちの身体と融合 させて行かなければ、[人間の能力が進化発展していく] ことは望めないということなのです。

人間の能力を単体で鍛えることのみに思考を置くと、人間の身体能力はこれ以上進化することも 望めず、単に筋力が強くなった腕力に一喜一憂するだけに終わります。

先ず、地球の重力が私たちに及ぼしている力を考えてみて下さい。人間が最大限の能力を 発揮するためには、このことを差し置いては考えられないはずです。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/