勝負の神様がいると言われる鞘の内
 
  体幹を鍛えるトレーニング術

   勝負の神様がいると言われる理由・・
    武道・スポーツ・日常生活・勝負の神様がいる
     心身を同時に鍛えて使う秘伝のスキル習得サイト。

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール メルマガ・問合わせ
体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 気の力で人間改造 太極拳メソッド教材 日本男子の筋トレ
  TOP「体幹操作」道しるべ >勝負の神様がいる鞘の内
 
 

  勝負の神様がいる鞘の内について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っている でしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではない でしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんな ことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作 について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[勝負の神様がいる鞘の内] について、武道ではよく出てくる不動明王ですが、不動心や 平常心を持って動じない心を修行するという意味で武道でもお馴染みの明王で [五大明王の中心的存在 が不動明王] でもあります。

例え相手が鞘から刀を抜いても、刀を鞘に収めたまま [動じない心で不動心を貫く] と、 その迫力に圧倒されて刀を先に抜いた相手が [刀を鞘に収めて、参りました!] と自分の負けを 認めてしまうほどの平常心を保つのです。

さて、刀は鞘に収めたまま相手と対峙して [心と心の勝負] が始まる。そこで気対気の勝負になる 訳で、先に抜いたら一瞬で斬られる、そう感じた方が [参りました] となって負けを認めることを [勝負は鞘の内] と言うのです。

しかし、修行の出来ていない者は、 [相手の力を読み取る] ことができないために、無闇に刀を 抜いて斬りかかり逆に斬り殺されるケースも多々あったようです。

修行をして実戦を経験すると、 [向かい合っただけで相手の力量] が、ほぼ測れるものです。 日本武道は、[無闇に相手を殺傷するのを目的] とせず、戦わずして勝ちを収めることこそ [勝ちの上] であり真の強さだとしていました。

刀を鞘から抜かなくても、勝負はすでに付いているということで、[お前は既に死んでいる] ということでしょうか。笑

一生涯に一度も剣を抜くことがなかったとしても、日々これを磨き、我が子のように手を かけ、それを振り、[常に有事の準備] を怠らなかった。

この先に備える精神を武道は教えているのです。

常に不動明王の姿を身近に置くことで不動心が養われればいいですね。
【掛軸】 佛画 不動明王 寸法;尺五 日本製純国産品・手彩色仕上げ、表装品質10年間保証つき 【送料無料】

護身術マインド動画  勝負の神様がいる鞘の内

 
 
体幹操作の師範おすすめ 護身術DVD教材

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。
そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という、 女性を中心に多くの方からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定】ですがプレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には前編を公開していない動画です。

「オリジナル限定動画」を、 どうぞお受け取り下さい。




Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト