体幹の使い方とムチミの唐手
 
  体幹を鍛えるトレーニング術


   体幹の使い方とムチミの唐手とは・・
   心身を同時に鍛えて使う秘伝の習得サイト

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り
  TOP「体幹操作」道しるべ >体幹の使い方とムチミ空手
 
 

  体幹の使い方とムチミ空手について



こんにちは飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[体幹の使い方とムチミ空手] について、身体の中心軸を起点にして 体幹をコントロールしていくトレーニングになりますが、この養成法を琉球武術 では [ムチミ] 中国武術では [スワイショー] などと呼びます。

古くから>武道や武術に伝わる東洋的、日本的な身体の使い方で、古来からの 抽象的だったり漠然とした教えの中で学ぶのではなく、論理的に分析をし研究し、 [体幹をどう使い、どう動かす] べきなのか。

あのような [達人のような動き] が、なぜ繰り出せるのかを論理的に解りやすく纏め、 確立させて指導しているのが私たちが [体幹操作] と呼んでいる論理的な学習理論なのです。

一般的に連想する [体幹] は、主に内蔵などの体の重要な器官を収納している器として 認識されているのがほとんどですが、この [体幹部を自分の意志] の力でコントロールできるようになると、スポーツや武道などの基本的な身体能力を飛躍的に高めることが可能になります。

他にも、ダンスや舞踊などの繊細に身体を使う分野でも [体幹をコントロール] できるか否かで、その表に見えるレベルも格段に違ってくることは、体験的にも論理的にも実証されていることです。

昨今、流行りの [体幹トレーニング] [体幹操作] の大きな違いは、体幹トレーニングの場合は、体幹内部のインナーマッスルや体幹深層部の筋肉を強化するというイメージなんですが・・

[体幹操作] は、体幹内部のインナーマッスルを強化すると同時に、 [体幹部を自在に操作] し、直接使う手足に、その力を伝えるという、 体幹を精密にコントロールするスキルだと言えます。


つまり、
[体幹の自在なコントロール] を目的にするもので、また体幹の優れた機能を再教育すると言うことでもあります。 [体幹操作] の基本から段階を踏んで [一流選手や武術の達人]
のような技を身に付けるための流れは以下のようになります。

1、体幹の使い方(基本)
2、体軸の養成
3、球体の使い方(意識)
4、空間の使い方(意識)

このような流れになりますが、

先ずは、基本の [体幹の使い方] をマスターすることが最重要になりますし、基本だけを習得しても、普通の身体の使い方とは、かなり違った、一般の使い方を [超越した身体操作] を使えるようになるかも知れません。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト