武術的な感性と精神力の鍛え方
 
  飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り
  TOP武術的精神力の鍛え方
 
 

  武術的な感性と精神力の鍛え方について


  

こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[武術的な感性と精神力の鍛え方] について、何も武器を持たず素手で戦う格闘技の場合ですが、これは自分は素手でも敵も素手とは限りませんし、もしかするとナイフなどの凶器を持っている可能性もゼロではありません。

もしかすると隠し持って [相手は刀やナイフなど武器] をどこかに忍ばせている相手かも知れませんし、強い殺意を持っているかも知れません。

今現代の格闘技では有り得ない話ですが、少し前の時代ではそれが当たり前の戦い方だったのです。なので、今で言うテクニックや技術論などは、それ以前の [内面的な問題] に比べると大したことではなかったのです。

気の小さな人間が、どれほどテクニックを磨いたところで[死ぬか生きるかの場所] に 立った瞬間に身体は凍りついて、身動き取れなくなってしまうのでテクニックもクソも通用ないというのが真実なのです。

ですから、それよりも何よりも [精神力を鍛え直すことが重要] だというなんですよ。

[精神力を鍛え直す方法] として一番確実なのは、 [恐怖から逃げないこと] [恐怖に一歩 向かって行くこと] を常に意識していれば、脳が逃げないスキルを習慣化してくれます。

これは武道で [相手に入る・先を取る] などということでも稽古しますが、この修行を 超えられない人はやはりいつまでも [精神力を鍛え直せない人] なので、一生の内どこかで勇気を 出して克服しないと死ぬまで自分を変えられません。


さて、 [精密な身体操作の武道] とは、より精密に身体を使おうと努力しているのは、総てのスポーツや武道を志している人たちには当たり前のことなんですが、身体(肉体)だけをいくら訓練しても [精密度には限界] があるんです。

どういう事かと言いますと [精密な身体操作には内面の意識の力] が 必要になるんです。我々武道武術の世界では [身体は粗なるもの心は密なるもの] という 教えが根底にあります。

身体の粗雑な動きを、 [心(意識)の精密] なもので導いて初めて身体は粗雑から精密に進化し変わって行くのです。これは極意を目指す修行でもあり、なので「極意は意識を極める」と書くんですね。

身体を精密に使えなければ生き残れない [武道や護身術の世界やスポーツ界] のトップ アスリートたちに欠かせないのが [体幹操作法] なのです。

私たちは子供の頃から、周囲の大人たちの真似をしたり教えられたりして成長してきた訳ですが、 [基礎的な学問や善悪などの教育] などは幼稚園や学校、家庭でも学び習って来ました。

しかし、 [身体の使い方] に関しては、誰からか習った記憶ありますか? 恐らく誰にも習わず見よう見真似で自分の [自己流] で身に付けてきたのではない でしょうか。

学校でも体育の時間に習ってはきましたが、それはお世辞にも本来の [身体操作] とは、とても言えないレベルの当たり前の身体の使い方でしかありません。

つまり、身体を育成するための [基礎的な身体動作] と言えるもの・・ つまり、本来の [体幹の使い方] を教えられる人は、先生をはじめ今も昔も皆無と言っても過言ではないほど存在していません。

世の中すべての人から見ても、僅か一握りの [特別な修行] をした武道武術家に限られている訳なんです。

それはなぜか? 昔は命のやり取りをしていた時代でした、[自流派の秘伝や極意] が他流に漏れたり盗まれたりすることが流派の滅亡をも意味していました。

このようなことで、門下とは言え [極意や秘伝] は誰にでも教えることはせず、門下の中から、 [信頼の置ける有能な人物] を選抜し伝承したとあります。

しかし、受け継ぐ有能な人材が見つからなかった流派では [極意の失伝] を余儀なくされた流派も存在したというほど狭き門でもあったのです。

ですから、もし子供の頃に習った親や先生がこれらの [身体操作] を 教えられる人だったら、あなたもきっと [天才と呼ばれるアスリート] になっていたかも知れない ほどの貴重なスキルなのです。(笑)

このような理由もあって、それを継承できた人が極めて少なくなってしまいました。 現にそれを継承して [実際に身に付けている人] が、どれほど存在するのか定かではないのも現実なのです。

ですから、私のもとへは [全国から問い合わせや質問] 実際に遠方から来られる方もいますし、 身に付けたいと真剣に思っている方も沢山いるのです。

しかし私は今、私たちが修行した頃の教えのように [抽象度の高い雲を掴むような] 影伝的な教え方ではなく、 論理的且つ学問的に、指導する方法を確立しました。

これが出来たら、次はこちらに進むというように [システマチック] にマスターできるような 方法が完成したのです。

それが、これからあなたに伝えて行く [徒手空拳の体幹操作] のスキルです。



本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/